« 夏にぴったりのスポット♪ | トップページ | 私はある意味尊敬しますけどね »

2010/08/08

広島相手に連敗しているようでは、4連覇など夢のまた夢だ…

すいません、負けたくせに上から目線で…
Yomiuri Giants Official Web Site: 8月7日 対広 島16回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 8月7日 対広 島16回戦・東京ドーム

 先発の福田が序盤に7連続安打を許し、一挙に5点を失う。巨人も4連打で2点を返すも、2番手の野間口が栗原に2ランを浴び、再び5点差に突き放される。最終回にもこの日初登板のリン・イーハウがダメ押しの1点を献上。巨人打線は反撃できないまま、2対8で敗れ、広島に連敗を喫した。

 先発の福田は初回を三者凡退に打ち取り、順調な立ち上がりを見せる。しかし二回、廣瀬と嶋に連続ヒットを許すと岩本にタイムリーを浴び1点を先制される。その後も広島打線の連打を止められない。立て直しを図れないままこの回7連続ヒットの猛攻を受け、5点を失った。

 三回、2アウトから坂本がフェンス直撃の三塁打を放ち、反撃のチャンスを作る。続く松本、小笠原がともにタイムリーを放ち、3点差に詰め寄る。ラミレスもヒットで続くも後続をゴロに打ち取られ、2得点で反撃をストップする。

 四回にも2アウトから脇谷がヒットで出塁すると、亀井と坂本がともに四球で満塁のチャンスとするも、松本が投ゴロに倒れ追加点ならず。

 調子を取り戻した福田は三回、四回を三者凡退に打ち取る。しかし福田に代わった2番手の野間口は五回、この日4番に復帰した栗原に2ランホームランを浴び、再び5点差に突き放される。

 3番手の星野は安定したピッチングで六回、七回を無失点に抑え、味方の反撃を待つ。

 八回、登板したのは、プロ初登板のリン・イーハウ。先頭の嶋に四球で出塁を許すも、後続を断ち無失点で抑える。しかし最終回、二死二、三塁のピンチで暴投、ダメ押しの1点を献上してしまう。

 一方、巨人打線は広島の先発ジオの前に八回も三者凡退に倒れ、九回も2番手・岸本に抑えられる。最後まで反撃の糸口を見つけられなかった巨人は2対8で広島に敗れた。


スコアブックを見ると、本当に2回だけですね。福田も野間口も、こんなことを繰り返しているようではねぇ。選手がいないわけではありませんしね。

リンイーハウも初舞台で緊張したでしょうけど、これでひとつ壁を超えられたということですよね。どんどん階段を登っていって欲しいものです。
 


↓最近書く事が無さそうだなwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 夏にぴったりのスポット♪ | トップページ | 私はある意味尊敬しますけどね »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島相手に連敗しているようでは、4連覇など夢のまた夢だ…:

« 夏にぴったりのスポット♪ | トップページ | 私はある意味尊敬しますけどね »