« 【政治家はこうでなくっちゃ】自分のことは棚に上げる! | トップページ | 世間は梅雨空ですが、Gは梅雨明けとなったのでしょうか? »

2010/07/13

ま、もうすぐ梅雨明けですから♪

早く晴れの日が来ますように♪
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月11日 対中 日12回戦・ナゴヤドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月11日 対中 日12回戦・ナゴヤドーム

 同一カード3連敗は避けたい巨人だったが、先発オビスポが初回から4点を失い、この日も序盤にリードを許す。四回にラミレス、阿部の連続ホームランで3点を奪うも、その後はチャンスを作りながらあと一本が出ない。中日ドラゴンズに3対5で敗れ、今季初の4連敗となった。

 巨人はオビスポが5月1日以来の先発マウンドへ。しかし初回、先頭の荒木に野手の間に落ちる当たりで出塁されると、一死三塁から森野の打球は左翼に。打ち取った当たりだったが、これもラミレスの前に落ちてしまう。不運なヒットが続き、中日に先制を許す。さらに一死二塁から和田にタイムリー、続くブランコに左翼への2ランを浴び、早くも4点のリードを追う展開になる。

 巨人打線は中日先発のチェンから二回、先頭のラミレスがヒットで出塁、続く阿部が死球で無死一、二塁とするも、長野、エドガーが凡退。チャンスを生かすことができない。

 二回、三回とオビスポは、走者を出しながらも粘りの投球を見せ、無失点に抑える。

 巨人の反撃は四回、一死から小笠原が左中間を深々と破る二塁打でチャンスを作ると、ラミレスが左中間スタンドへ突き刺さる2ランホームラン。主砲の一撃で2点を返すと、続く阿部も左翼スタンドへのホームランを放つ。ともにリーグトップに並ぶ2本の29号本塁打で巨人が1点差に詰め寄る。

 しかしその裏、二死からオビスポはソロ本塁打を浴びリードを2点とされる。

 五回、無死一、二塁としたところでオビスポは降板。2番手として福田がマウンドへ。苦しい場面でのリリーフとなったが、低目を丁寧につき内野ゴロを打たせる投球で無失点に切り抜ける。

 連続で2ケタ安打を許していた投手陣だが、六回は福田、七回は山口がきっちりと3人で抑え、味方の援護を待つ。

 何とか得点したい打線だが、六回、七回といずれも走者を出しながら無得点。八回は二死からラミレスがこの試合4本目となるヒットで出塁。阿部も右翼へのヒットで一、二塁と一打逆転の場面を演出する。しかしこのチャンスでも長野が凡退。走者を出しながらもタイムリーが出ない歯がゆい展開が続く。

 八回、4番手の越智が先頭の和田にこの試合10本目のヒットを許し、11試合連続で2ケタ被安打となってしまう。後続を抑え無失点でしのいだものの、悪い流れを変えることができなかった。

 九回、一死から脇谷が左翼線へのヒットを放つも、代打の谷、坂本が凡退し試合終了。中日に3連敗し、今季初の4連敗を喫することとなった。

先頭の荒木が二塁打になっていますけど、長野からの返球を落球してしまった坂本の実質エラーのようです。だからということもあるのか、その後のオビスポ…。こういうチーム状態の時にエラーは痛すぎますね。

やまない雨はない。

そう信じて今こそ結束を!
 


↓まだ首位だしな♪(C)カラ元気wと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 【政治家はこうでなくっちゃ】自分のことは棚に上げる! | トップページ | 世間は梅雨空ですが、Gは梅雨明けとなったのでしょうか? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ま、もうすぐ梅雨明けですから♪:

« 【政治家はこうでなくっちゃ】自分のことは棚に上げる! | トップページ | 世間は梅雨空ですが、Gは梅雨明けとなったのでしょうか? »