« そんな見せかけの合意だけで政権に参加するような政党はいないでしょう | トップページ | 季節を先取りして「正体みたり」ってことなのか、馬脚を表したというのか? »

2010/07/07

何回逢っても袖にされるってのは、しんどいですねぇ

年一回じゃないのがせめてもの救いでしょうか?
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月7日 対広 島11回戦・ひたちなか

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月7日 対広 島11回戦・ひたちなか

 6日前の雪辱を果たすべく臨んだ内海と前田健のエース対決。しかし内海は6点の大量失点で、三回でマウンドを降りる。リズムに乗り切れない巨人は、長野の場外ホームランなどで反撃を試みるも、前田健を攻略しきれないまま2対8で敗れた。

 内海は初回、失策絡みで走者を背負い、二死三塁のピンチを招くと、阿部のパスボールで先制を許す。

 二回、長野がヒットを放ち、四球で出塁していた阿部が三塁へ向かうも、雨で緩んだグラウンドに足を取られスリップしタッチアウト。チャンスを得点に結びつけることができない。

 ピッチングの立て直しを図りたい内海だったが、三回、先頭の梵にヒットを許すと、嶋からタイムリーヒットを浴び追加点を与える。ヒューバーにもヒットを打たれ満塁のピンチを迎えると、小窪、前田健、東出にタイムリーヒットを浴び、この回5点の大量失点。前回のエース対決の屈辱を晴らせないまま、三回6失点でマウンドを降りた。
 
 一方打線は、前田健の前にヒットの数は四回までわずか2本。大量リードを奪われたまま、なかなか反撃の糸口を見つけることができない。
 
 代わったMICHEALも四回、先頭の赤松にダメ押しのソロ本塁打を許し、7点差に突き放された。

 五回、守備で小笠原が好プレーを見せると、その裏、先頭の長野が12号となる場外ソロホームランを放ち1点を返す。
 
 3番手の小林は六回にヒューバーからタイムリーを浴び1点を献上。七回はテンポ良く三者凡退に打ち取った。

 粘りを見せる打線は七回、2アウトから長野と脇谷が2者連続ヒットでこの日最大のチャンスを作る。続くエドガーがセンター前にタイムリーヒットを放って2点目を返すも、後続を断たれ巻き返しならず。巨人は最後まで大量のビハインドを詰められず、広島のエースを打ち崩すことはできなかった。


まったく見ていないのでなんの論評もできないんですが、

内海に喝!!!

でよろしいでしょうか?
 


↓なんも言えねぇ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« そんな見せかけの合意だけで政権に参加するような政党はいないでしょう | トップページ | 季節を先取りして「正体みたり」ってことなのか、馬脚を表したというのか? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

昨日観戦していたカープファンなのですが、グラウンドの状態が大分悪くて、両チームとも走塁でずっこけたり守備なども小笠原選手や坂本選手がバウンドが違って取れなかったりとちょっとおかしなプレーが目立っていました。
たぶんマウンドなどもいい状態ではなくて、私の印象ですが両投手ともいつもより制球が乱れていたりストレートの力が弱いかなという感じはありましたね。内野もグラウンド状態の悪さからする可哀想なエラーでランナーなども出していたので、たぶん内海投手もグラウンドの状態がもう少し良かったら、また違ったピッチングになってたのかもしれません。

投稿: みかん園 | 2010/07/08 08:35

こんばんわ^^

>みかん園さん
そうなんですか。
実際に見ていないとわからない面ですね。

それにしてもマエケン、素晴らしい投手になりましたね。来年も継続できれば一躍セ・リーグのエースでしょう。

いいですなぁ。

投稿: ピア | 2010/07/12 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何回逢っても袖にされるってのは、しんどいですねぇ:

« そんな見せかけの合意だけで政権に参加するような政党はいないでしょう | トップページ | 季節を先取りして「正体みたり」ってことなのか、馬脚を表したというのか? »