« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »

2010/07/30

いくら惜しくても負けは負け

めぐりが悪いねぇ、抑えれば打てないってか…
Yomiuri Giants Official Web Site: 7月29日 対中 日15回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 7月29日 対中 日15回戦・東京ドーム

 巨人は二回、先発の東野が先制を許すと、六回には和田の一発で追加点を献上。打線は六回に脇谷が2ランを放ち、追い上げたが、中日ドラゴンズに2対3で敗れた。この日首位の阪神タイガースが雨天中止で試合がなかったため、ゲーム差は1に広がった。

 巨人の先発は東野。二回、先頭の和田に右中間越えに二塁打を浴び、無死二塁のピンチを招く。一死後、谷繁の打球は右中間へ。この打球を高橋由がダイビングキャッチ。ファインプレーで二死を取る。しかし、続く堂上直に初球を左翼前に運ばれ、先制を許す。

 五回にも、東野は谷繁に二塁打を許し、またも無死二塁とされる。しかし続く堂上直、ネルソンを内野ゴロに打ち取ると、最後は荒木を見逃し三振に仕留め、追加点を与えない。

 打線は二回、亀井の二塁打、阿部の四球で無死一、二塁のチャンスを作る。だが、高橋由、脇谷、東野が倒れ、得点ならず。

 五回、東野が右翼前にヒットを放つと坂本が初球をきっちり送り、得点圏にランナーを進める。松本は倒れたが、小笠原がヒットを放ち、ラミレスにつなぐ。しかし、ラミレスは三振を喫し、中日先発・ネルソンの前にあと一本が出ない。

 両チームリズムに乗れないまま迎えた六回、東野は一死から森野にヒットを許す。ブランコを3打席連続となる3つ目の三振で打ち取ったものの、和田にカウント2-3からの7球目を左翼スタンドに運ばれ、追加点を献上してしまう。

 その裏、二死を取られた後、高橋由が四球を選ぶと、続く脇谷が初球を振りぬき、右翼スタンドに追撃の2ランを叩き込む。さらに続く、代打・長野が右翼にヒットを放ち、前夜にサヨナラ弾を放っている坂本に回すが、空振り三振に倒れ、同点ならず。

 東野の後を久保、山口、MICHEALと無失点リレーで味方の反撃を待ったが、最後は小笠原が二塁ゴロに打ち取られ、ゲームセット。後半戦初めてのカードを負け越した。


今日はトラが中止だったのでゲーム差は0.5開いてしまいました。というような時期でもないんですけど、やっぱり首位じゃないと気になりますねぇ。

スコアブックを見ると本当に投手戦です。ただ、ドラの投手は5つも四球を出しているので、監督が言うようにあと一本でしたね。ネ申レスの好不調が極端なのが気になります。やっぱりHR狙いってのが影響してるんでしょうかね。

( ´ー`)y―┛~~

明日は大阪に出張なので、試合は見れず…。新幹線の中でチェックします(泣
 


↓辛抱の時期だなぁ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いくら惜しくても負けは負け:

» 読売vs中日15回戦@東京ドーム [マリーンシートから見た読売ジャイアンツ]
東野vsネルソンでも敗戦 今日の中日戦、読売の先発はチーム最多勝の東野、中日は今季まだ勝ち星が無いネルソン。読売圧倒的有利な条件で試合が始まりました。 しかし先手を取ったのは中日。2回表、元ライオンズの和田一浩の二塁打を足がかりに、2アウトから堂上直倫のタ..... [続きを読む]

受信: 2010/07/30 02:56

« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »