« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »

2010/07/30

一過性のブームに終わらないっていうのなら、そういう会社の幹部は皆自宅のテレビは全部3Dなんだろうな

そうだったら許すw
3Dテレビ全然売れない!主要4社参戦も「期待外れ」 - 政治・社会 - ZAKZAK

3Dテレビ全然売れない!主要4社参戦も「期待外れ」 - 政治・社会 - ZAKZAK

 2010.07.29

 3D(3次元)立体映像テレビの国内主要4社の製品が出そろった。3Dビデオカメラなど周辺機器の投入も相次いでいる。ただ、薄型テレビの販売台数全体に占める割合はわずか1%程度にとどまり、今年を「3D普及元年」とするかけ声とは裏腹に、今のところは期待外れとなっている。

 東芝は28日、高級薄型テレビ「セルレグザ」などから8モデルの3Dテレビを8月下旬から順次発売すると発表した。店頭価格は28万~100万円を想定。対応のブルーレイ・ディスク(BD)録画再生機なども、同時期に投入する。

 3Dテレビはパナソニックが今年4月に先陣を切って発売。6月のソニーに続き、シャープも7月30日に売り出し、東芝で4社目。

 主要4社の製品が出そろったが、販売は当初期待されたほど伸びていない。市場調査会社BCNによると、6月の薄型テレビ販売台数に占める3Dの割合は0・8%。直近の7月第3週でも1・4%と、勢いはない。

 業界では年初の見本市などで試作品をお披露目し、「3D普及元年」とあおったが、大手幹部は「盛り上がっているとまではいえない」と肩を落とす。

 普及のネックは、3D対応ソフトの不足と、通常のテレビよりも40型で70%近く割高な価格。ソフトについては今年10月以降、3D映画のブルーレイ・ディスクなどが続々発売される。

 各社とも「今回は一過性のブームでは終わらない」(シャープ幹部)との見方で一致している。ただ、「お茶の間で専用メガネをかけてテレビを見るのかという根本的な問題もある。テレビに当たり前のように3D機能が付くようになるまで、爆発的な普及は難しい」(アナリスト)との声もある。


メガネの話もあるし、価格でしょうなぁ。メガネなしで価格が10万円を切れば、売れ出すんじゃないでしょうか?

悔しかったら作ってみろよw

でも、メガネなしで3Dでみれるようになったとして、今のままのコンテンツではどうしようもないよなぁ。3Dになる意味がないようなコンテンツばかりでしょ?TV放送が3Dになっても意味ないし。コンテンツが鍵でしょう。で、それはマスな放送ではない。プライベートなコンテンツがいいんじゃないの?そうであれば見る方向の問題もなくなるし。

でも、それって結構大変でしょう。制作環境などの川上から変えないといけませんから、すぐには無理でしょうしねぇ。
 


↓今世紀中は無理だろうwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一過性のブームに終わらないっていうのなら、そういう会社の幹部は皆自宅のテレビは全部3Dなんだろうな:

« さすが民主主義国家の民主主義を標榜する政党の所属議員だ、正論も堂々と言うことが出来るってもんですな♪ | トップページ | 年金バカに期待する方が間違いなんじゃないか? »