« 郵政改革法案の審議がなぜ6時間という短時間の委員会審議で本会議に上程されたのか? | トップページ | 入った! »

2010/06/01

さっぱりわやや ><

今日参戦の予定だったのに腰痛で行けませんでした、で、結果は…
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月1日 対ロッテ3回戦・千葉マリン

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月1日 対ロッテ3回戦・千葉マリン

 12球団トップのチーム打率を誇る千葉ロッテマリーンズ打線に内海が挑んだが、三回までに4点を奪われ早々と降板。後を受けたオビスポが四回に5点を献上。打線もマーフィーに抑えられ、前カードでは2連勝した相手にワンサイドゲームで今季初の完封負けを喫した。

 巨人は先頭の坂本が四球で出塁。脇谷が送った後、小笠原も四球を選び、一死一、二塁。絶好の先制機だったが、ラミレスが遊撃併殺打に倒れる。内海は先頭の西岡に左翼線への二塁打を許すと、犠打の後、井口を四球で歩かせ一死一、三塁。この後、キム・テギュンの遊撃ゴロの間に先制点を奪われる。

 盛り返したい巨人だが、相手先発・マーフィーの前に二回は阿部、長野、高橋由が連続三振に取られ、三回も三者凡退に仕留められる。

 内海が三回につかまる。今江に左翼に2ラン本塁打を打たれると、キム・テギュン、大松に連続して二塁打を浴び、4点目を取られたところでマウンドをオビスポに譲る。

 巨人は四回、小笠原の四球、ラミレスの中堅へのヒットで一死一、二塁と反撃のチャンスを迎えたが、阿部が捕ファウルフライ、長野は空振り三振に倒れる。

 オビスポも四回につかまる。四球と死球で一死一、二塁とされると、西岡に中堅に適時打を打たれ、0対5に。今江は投ゴロに打ち取ったものの、オビスポの二塁への送球がそれ、6点目を献上。さらに井口の犠牲フライ、キム・テギュンの2ラン本塁打でこの回5点を奪われる。

 マウンドは六回、金刃にスイッチするがロッテ打線の勢いを止められない。サブローにタイムリーを打たれ10点差にされると、二死一、二塁の場面で三塁・古城の一塁への送球がそれ、11点目のホームを踏まれる。

 七回、巨人は阿部、高橋由のヒットで一死一、二塁とチャンスを作るが、谷の打球が遊撃ライナーになり、二塁走者・阿部が戻れず併殺となる。

 ロッテのマウンドは八回に橋本に代わるが流れを変えられない。巨人打線は相変わらず三者凡退に打ち取られ、攻撃の糸口をつかめない。九回も3番手の古谷に抑えられ、投打がまったく振るわないまま完封負けとなった。


見ていて一番腹が立ったのは坂本のプレーですね。完璧にアウトのタイミングなのにゆるいタッチをしてしまって、結果ツーベース。その後ツーベースを打たれた内海が可哀想でした。

明日も一応チケットは取っていますから参戦予定ですが、腰痛を残して参戦して負けましたでは済まされませんので、決死の覚悟…
 


↓頼むでホンマと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 郵政改革法案の審議がなぜ6時間という短時間の委員会審議で本会議に上程されたのか? | トップページ | 入った! »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さっぱりわやや ><:

» GIANTS 2010-連覇、そして黄金時代へ-#79〜やっぱり巨人は"初モノ"に弱い・・・〜 [桑田佳三郎ショウ]
今日の試合のことを書こうとした時は、東京ドームでのソフトバンク戦に次ぐシケた試合となる予定であったが、 今日はシケたというようなレベルではない感じがしたんですよね。 内容としては、巨人としては毎度おなじみのようなことが起こってしまったという試合でしたね。 ...... [続きを読む]

受信: 2010/06/01 23:46

« 郵政改革法案の審議がなぜ6時間という短時間の委員会審議で本会議に上程されたのか? | トップページ | 入った! »