« 自分で自分のことをこれだけ言えるのはたいしたもんですw | トップページ | ブルータスよ、お前もか… »

2010/06/17

戦力の逐次投入は愚の骨頂ではないか?

それと、人員がいても兵站がなければなんの意味もありませんが?
家畜の埋却支援、自衛隊員1100人派遣準備 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

家畜の埋却支援、自衛隊員1100人派遣準備 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、北沢防衛相は17日、県庁で東国原英夫知事と会談し、感染家畜の埋却を支援するため、自衛隊員約1100人を派遣する準備を整えたことを伝えた。

 感染家畜の処分については、九州全域が12日に梅雨入りしたため、雨による遅れが懸念されていた。

 北沢防衛相は現在の340人態勢に加え、県内の基地から230人、終息しない場合にはさらに九州全域の900人の増派が可能と説明した。

 同県では14日以降、殺処分担当の獣医師も約100人から約170人に増やした。郡司彰・農林水産副大臣は17日、感染家畜(疑い含む)の殺処分、埋却を20日までに完了させるという目標をほぼ達成できるとの見通しを示した。

(2010年6月17日21時29分 読売新聞)


殺処分って、埋める土地も必要になるんですけど、その手当はついているんでしょうか?それと、当初は230人増員、足りなければ900人増員っていうのはどうでしょう。確かに人間が多くなればそれに伴っていろんなものも多く用意しないといけませんけど、ここは一気に片付けるという方向が必須では?

事態が事態なんですからね。

雪まつりの雪像づくりに人が足りないというのとは訳が違います。

今、久しぶりに雑誌WiLLを読んでいますけど、江藤拓衆議院議員の宮崎口蹄疫に関する記事を読むと、如何に自爆民主党および赤松脳症などの対応が糞だったかっていうことが分かります。バスで読んでいて泣けてくるくらい、糞です。

他にも、「創生日本」の座談会の記事もあり、自爆民主党の最終目標「日本国の破壊」を阻止しようという志のある議員の皆さんの熱い想いも読めて感動したり。

久しぶりに読むと熱いものが感じられます。
 


↓さすがネトウヨwwwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 自分で自分のことをこれだけ言えるのはたいしたもんですw | トップページ | ブルータスよ、お前もか… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/48656431

この記事へのトラックバック一覧です: 戦力の逐次投入は愚の骨頂ではないか?:

» 口蹄疫に備えた図上訓練実施の静岡県に感心〜農水省は大丈夫? [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
 6月17日。静岡県が県職員100人余が参加させて口蹄疫の県内発生に備えた”図上訓練”を実施。  やはり東海地震を想定した危機管理ノウハウが蓄積されてるから、「口蹄疫対策図上訓練」という発想につながるんだろうなぁ・・・。  都道府県の業務として当たり前といえば当たり前ですが、ちゃんと出来ていることに感心。 −◆−  農林水産省は、宮崎県以外に飛び火してイギリスのパンデミックみたいなケースを想定して、なにか備えができてるんだろうか?  万一の場合の、殺処分体制、埋却地確保、診断体制、消毒ポイ... [続きを読む]

受信: 2010/06/18 11:08

« 自分で自分のことをこれだけ言えるのはたいしたもんですw | トップページ | ブルータスよ、お前もか… »