« 自衛隊広報センターに行ってまいりました | トップページ | 勝てぬなら、勝つまで待とう、原巨人 »

2010/06/13

結局は5分ということでしかなかった

よしとするべきか、どうするべきか?
Yomiuri Giants Official Web Site: 6月13日 対ソフトバンク4回戦・ヤフードーム

Yomiuri Giants Official Web Site: 6月13日 対ソフトバンク4回戦・ヤフードーム

 交流戦最終戦となるソフトバンク4回戦は、先発・西村健が胸に打球を受けて三回途中で退くアクシデントもあり、序盤に大量リードを許したが、着実に追い上げ、一時は1点差に迫った。しかし、七回に山口が試合を決定付けるホームランを打たれ、5対7で敗れた。チームは3連敗で、交流戦成績は12勝12敗と“貯金”を増やせなかった。

 二回、先頭のラミレスが右中間フェンス直撃の二塁打を放ち出塁。続く阿部もライトの頭を越える二塁打で、無死二、三塁と先制のチャンスを作った。しかし、谷、亀井が凡退。2試合連続スタメンの大田に打順が回ったが、ライトフライに打ち取られた。

 三回、西村健が一死二塁の場面で本多の打球を胸に受けて降板。このアクシデントに緊急登板したファン・ツーロンは、多村をサードゴロにしとめたが、阿部、小笠原が三本間で山崎を挟むもアウトにできず、満塁とピンチが広がった。続く松中にはライトへの手痛い1発を浴び、0対4と先制を許した。

 直後の四回、小笠原、ラミレス、阿部の3連打で満塁のチャンスをつくると、谷の併殺打の間に1点を返した。

 四回、ファン・ツーロンが二死から3連打を許し2失点、1対6と突き放された。

 五回、脇谷がセンター前ヒット、坂本がこの日2本目のヒットとなる二塁打で一死一、三塁とすると、高橋由がライトにきっちり犠牲フライを打ち上げ、2点目を奪った。さらに二死三塁から、小笠原がセンターにタイムリーを放ち、3対6とした。

 六回、阿部がこの日3本目のヒットで出塁。谷もレフト前ヒットで続き、無死一、二塁とすると、亀井がセカンドに内野安打。一塁への送球が逸れる間に阿部が生還した。さらに一死二、三塁から代打・イ・スンヨプのセカンドゴロの間に1点を追加。ついに1点差に詰め寄った。

 五回から登板した山口は、2イニングをパーフェクトに抑える好投を見せていたが、3イニング目となった七回、多村にソロホームランを浴び、リードを2点に広げられた。

 打線は七回以降、ソフトバンクのリリーフ陣に抑えられ、2点差をはね返せず敗れた。


なんとなく得点された内容も不吉な感じですね。

今日は地上波で中継があったものの運転中で見れませんでした。ヒットは出ているのに展開が今一で…。

監督インタビューにもありましたが、先発に勝ちがついていないことが危ないでしょう。シーズン開始前の心配が今現実のものに?
 


↓危険だなぁ…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 自衛隊広報センターに行ってまいりました | トップページ | 勝てぬなら、勝つまで待とう、原巨人 »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

試合開始から放送。でも途中で打ち切り。これで視聴率を取れと。┐( ̄ヘ ̄)┌

NHK以外は途中からはじめ途中で終わる。じゃあ最初から最後まで見られるほうがあるならそちらに移行する。で、地上波放送が少なくなる。当たり前の話ですよね。それをわかっていない局の人間たち。(ノД`)

投稿: 加勢人-かせいじん- | 2010/06/13 22:30

こんばんわ^^

>加勢人-かせいじん- さん
というのもあるでしょうし、そもそもTVって特別な何かがなければ見ないって言う人も多いのかもしれません。

私もぜひ見たい!とまで思う番組は少ないです。
「食彩の王国」
はイチオシの番組ですが、それでも見忘れますからねw

投稿: ピア | 2010/06/16 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局は5分ということでしかなかった:

« 自衛隊広報センターに行ってまいりました | トップページ | 勝てぬなら、勝つまで待とう、原巨人 »