« 生きながらにして銅像になった? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】現場が悪いに決まってる! »

2010/05/17

これは素晴らしいホームページではないか?

確かに、昔ゲーセンなんかにこんな自販機がありましたよねー
昭和の「オートレストラン」を探せ収集家、京滋など探訪 :京都新聞

昭和の「オートレストラン」を探せ収集家、京滋など探訪 :京都新聞

 コンビニエンスストアが少なかった時代、「オートレストラン」や「オートスナック」と呼ばれる24時間営業の自販機コーナーが多くあった。めん類やハンバーガーなどの自動販売機が深夜族の空腹を満たしてきたが、急速に姿を消しつつある。京滋など関西でどれだけ現役か。絶滅寸前の「昭和の情景」を探し求める男性がいる。





 


 滋賀県栗東市の国道8号沿いにあるオートレストランウーホー栗東店には「手作りの味」と書かれためん類の自販機がある。200円を入れると30秒で熱々のうどんが出てきた。薄いかまぼことワカメも付く。店長(44)は「生麺(めん)を入れて冷蔵しており、多い日で7~8杯出る。湯が沸かないなど故障が多いけど、年代ものの機械を自力で直して持たせている」

 京都府舞鶴市の国道178号沿いのドライブインダルマでもラーメンなどの自販機が並ぶ。約35年前の開業時からあり、2004年の台風23号では1メートル近く水没したが、不死身だった。店員(59)は「珍しがって買ってくれる人はいるけど、だいぶ利用は減りましたね」。

 こうした自販機は1970年代に生まれ、各地の幹線道沿いにコーナーが続々とできた。内蔵の電子レンジで1分ほど加熱して出てくるハンバーガー、銀紙で包んだ食パンをヒーターで温めるトースト自販機もあった。しかし、90年代にコンビニが増えると廃業したり、自販機の多くが製造中止となった。故障すれば部品がなく、やむなく撤去されるケースも増えた。

 ジャズギタリスト魚谷祐介さん(37)=東京都=は「昭和の貴重な民俗資料」として、全国の自販機コーナーを写真や映像に記録してホームページで公開している。既に北海道~甲信越の100カ所を巡った。今夏は関西を巡る予定で「懐かしい自販機の情報を地元の人から頂ければ」と呼び掛ける。ホームページ名は、80年代に人気だった自販機のハンバーガーにちなんで「グーテンバーガー~味わいの自販機コーナー」とした。

 自販機巡りの魅力を「昔にタイムスリップした感覚に浸れる。味はともかく、高度成長を求めた昭和の人々の営み、時の流れを、人けのない古びたコーナーでしみじみと味わえる」と勧めている。


パンまで暖かいハンバーガーとか、プラ容器に入って出てくるうどんやラーメンとか、めっちゃ懐かしいなぁ。当時もカップ麺の自販機もありましたけど、プラ容器のものはちょっと高級という感じの位置づけだったような。

グーテンバーガー~味わいの自販機コーナー~懐かし自販機

オートパーラーシオヤ 千葉県成田市 懐かしの自販機コーナー「千葉県成田市 オートパーラーシオヤ」を写真と動画で紹介します。

全国懐かし自販機コーナー 詳細位置マップ 全国懐かしの自販機コーナー詳細位置がグーグルマップで一目瞭然です!

和歌山にはもっとあると思ったんですが、意外に少ないですね。田舎だからこそすぐに廃れたということなのかも。

こんなところをめぐるツアーってのもいいかも知れませんが、必然的に飯は自販機…。ま、まぁ節約にはなるかな?w
 


↓いや、逆に割高では?wと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 生きながらにして銅像になった? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】現場が悪いに決まってる! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは素晴らしいホームページではないか?:

» 懐かしの「オートレストラン」 [小浜二郎のニュースご意見番]
まだコンビニエンスストアが少なかった時代、「オートレストラン」や「オートスナック」と呼ばれる24時間営業の自販機コーナーが多くありました。めん類やハンバーガーなどの自動販売機が深夜族の空腹を満たしてきた経緯もありますが、近年急速に姿を消しつつあります。こういった、「オートレストラン」と呼ばれる自動販売機は、1970年代に生まれ、各地の幹線道沿いにコーナーが続々とできてきました。... [続きを読む]

受信: 2010/05/21 13:41

« 生きながらにして銅像になった? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】現場が悪いに決まってる! »