« 勝利♪ | トップページ | スタメンここまで変えるんなら、タカヒロも出してよ… »

2010/05/04

生脇谷弾2本目!まさかこんな筋書きとは…

5/3、レフト最前列で観戦でした。藤井がナイスピッチングでしたので、代打はちょっと驚きましたが…
Yomiuri Giants Official Web Site:5月3日 対ヤクルト6回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:5月3日 対ヤクルト6回戦・東京ドーム

 打線が二回に脇谷の満塁弾などで一気に5点を奪えば、先発・藤井は6回をわずか1安打1失点に抑える好投を見せ、投打がかみ合い7対2で快勝した。チームの連敗は3でストップ。1日で首位を奪還した。

 二回、二死から高橋由がレフトに二塁打を放ち出塁。長野が敬遠された後、藤井に今季初ヒットが飛び出し、満塁のチャンスを作ると、坂本がストレートで四球を選び、押し出しで先制した。さらに脇谷のプロ入り初となるレフトスタンドへの満塁弾で、5対0と一気に突き放した。

 先発の藤井は味方の好守もあり、四回までパーフェクトに抑える上々の立ち上がりを見せた。五回、先頭の飯原にこの日初ヒットとなる二塁打を浴びたが、犠牲フライによる1点に留めた。

 六回、谷がレフト前ヒットで出塁。高橋由が四球を選んだ後、長野のこの日2本目のヒットで満塁とチャンスを広げると、原監督は好投を続けていた藤井に代打・イ・スンヨプを送った。そのイ・スンヨプは期待に応えてライトにタイムリー。待望の追加点を奪い、6対1とした。

 七回には、この日、由規に無安打に抑えられていたラミレスがバックスクリーン左に飛び込むソロホームランを放ち、ダメ押しした。

 七回、八回は、久保、越智がノーヒットに抑え、クルーンにつないだ。クルーンは二死三塁から、自らの暴投で1点を失ったが、最後は青木を空振り三振に仕留めて逃げ切った。

 藤井は今季2勝目。古巣・ヤクルトから白星を挙げたことで、セ・パ12球団から勝利した。


打った瞬間は「あー、フライ打ち上げやがって…」と思ったものの、あれよあれよと言う間に伸びて伸びて、なんとスタンドイン。勝ちに不思議の勝ちありというのはノムさんの言葉でしたが、それに通じるものを感じてしまいました。あの高めの150Km/hを超える球をHRできるのなら、阪神戦の藤川の球も…

いや、言うまいよ…

由規っていい球を投げているのに、勝てないんだよねぇ。この試合もいい球は投げているものの、四球もあったりして失点しましたね。でも高田監督って辛抱強いというか、代わる投手がいないというか、由規を鍛えているというか、なかなか交代しませんね。育てるという意味では素晴らしいと思いますが、それではなかなか勝てませんね。その、勝ちながら育てるということを実践している原監督は素晴らしいですね。まぁ、チーム事情が違いますが。

G側は完璧な内容で好投していた藤井を交代。あそこはスクイズという手もあったと思いますが、積極的に代打孤高のネ申でタイムリーズバリ!この日のキーマンは藤井でしたね。2回もヒットでつなぐなどという離れ業を見せてくれましたし。

( ´ー`)y―┛~~

試合は完勝でした。まぁ、最後に劇場もありましたけど、それもよし。

ところで、レフトスタンドから見ていた長野選手、なかなかいい選手ですw

「長野、ツーアウトーーー!」なんていう野次にいちいち応えてくれました。もっと試合に集中した方がいいとも思いますが、なかなか面白い選手です♪皆さん、応援しましょう!
 


↓参戦ならではの記事になったなwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 勝利♪ | トップページ | スタメンここまで変えるんなら、タカヒロも出してよ… »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生脇谷弾2本目!まさかこんな筋書きとは…:

« 勝利♪ | トップページ | スタメンここまで変えるんなら、タカヒロも出してよ… »