« 日本でも中国並の七色の川とか海が出現するのか? | トップページ | この副大臣も何もわかっていないんでしょうね »

2010/05/24

旧日本軍遺棄化学兵器って、まだやってたの?

雑誌の記事でもう決着はついたと思っていたんですが
旧日本軍遺棄の毒ガス被害、中国人の請求棄却 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

旧日本軍遺棄の毒ガス被害、中国人の請求棄却 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 中国黒竜江省チチハル市で2003年、旧日本軍が遺棄した毒ガス兵器で住民が死傷した事故で、被害を受けた中国人とその遺族計48人が日本政府に慰謝料など計約14億3440万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。

 山田俊雄裁判長は「原告の被害は甚大だが、日本政府に事故を未然に防ぐ義務があったとは言えず、法的責任は認めがたい」と述べ、原告側の請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 原告は、同市内の建設現場から03年8月4日に掘り起こされたドラム缶から流出した毒ガスで、1人が死亡、43人が皮膚のただれなどの被害を受けたとして、07年1月に提訴した。

 判決は、毒ガス兵器は旧日本軍が遺棄したと認定。「日本政府は遺棄された毒ガス兵器で付近住民の生命・身体に危害が及ぶ危険性を予見できた」と指摘した。

 しかし、毒ガス兵器が中国本土の広範囲に遺棄され、地中に埋められるなどしていたことから、「遺棄された可能性のあるすべての地域を調査するのは極めて困難で、チチハル市周辺での探索を優先して行うべきだったと認めることもできない」と結論づけた。

 旧日本軍が中国で遺棄した化学兵器の被害を巡る訴訟では、東京高裁で07年3月と7月、いずれも原告側敗訴の判決が言い渡され、最高裁で確定している。

 判決後、記者会見した原告の女性(17)は、「平和の時代に生まれ育ったのに、なぜ戦争の被害を受けなければならないのか。日本は責任を取ってほしい」と訴えた。原告側代理人の小野寺利孝弁護士は、「判決が被害者の精神的、肉体的苦痛が極めて大きいと認めた点は重い。政府は救済策を打ち出すべきだ」と語った。

 一方、政府は「これまでの主張が認められたものと考えている」とのコメントを出した。

(2010年5月24日20時09分 読売新聞)


まぁ、原告の請求を棄却というところがいいんですけど、

判決は、毒ガス兵器は旧日本軍が遺棄したと認定

ここはどうなの?これだけの証拠があってもなお、化学兵器は旧日本軍が中国領土に遺棄したということになるの?

遺棄化学兵器はない!: ピア 徒然見聞録 desc
紅乃傭兵は死ねよ: ピア 徒然見聞録 desc
この一言は素晴らしいですね♪: ピア 徒然見聞録 desc
行き過ぎた要求ってか?: ピア 徒然見聞録 desc
毒ガスで脳みそ狂ってるのか?: ピア 徒然見聞録 desc
遺棄化学兵器なんてありませんから!: ピア 徒然見聞録 desc

まぁ、そもそも日中平和友好条約がありますから、個別の請求権などはないんですけどね。でも、中国を批判するような報道ができないっていう取り決めだけは破棄した方がいいと思います。
 


↓終わったネタじゃなかったのか?今裁判の判決が出たということだけだよね?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本でも中国並の七色の川とか海が出現するのか? | トップページ | この副大臣も何もわかっていないんでしょうね »

極東愚連隊」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/48450421

この記事へのトラックバック一覧です: 旧日本軍遺棄化学兵器って、まだやってたの?:

« 日本でも中国並の七色の川とか海が出現するのか? | トップページ | この副大臣も何もわかっていないんでしょうね »