« 生脇谷弾2本目!まさかこんな筋書きとは… | トップページ | いい話だなぁ…で終わってはいけません »

2010/05/04

スタメンここまで変えるんなら、タカヒロも出してよ…

きっといい仕事すると思います♪
Yomiuri Giants Official Web Site:5月4日 対ヤクルト7回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:5月4日 対ヤクルト7回戦・東京ドーム

 巨人は初回、無死満塁からラミレスの犠牲フライ、阿部の2点タイムリーで3点を奪うと、二回に坂本のタイムリー、八回にラミレスのタイムリーで計5点を奪う。先発・ゴンザレスは6回1失点で試合を作ると、七回からは山口、金刃、クルーンの好リリーフでリードを守り、5対1で勝利した。

 打線は初回、ヤクルト先発・石川の立ち上がりを攻め、坂本、長野、小笠原の3連打で無死満塁のチャンスを作ると、ラミレスがきっちり犠牲フライを決め、1点を先制。さらに一死一、三塁から阿部がセンターオーバーの2点タイムリー三塁打を放ち、2点を追加した。

 攻撃の勢いが止まらない巨人は二回、先頭の鶴岡が二塁打で出塁、ゴンザレスの犠打で一死三塁とすると、坂本が左翼線にタイムリー二塁打を放ち、リードを4点に広げる。

 先発・ゴンザレスは四回、青木のバントヒットに守備のミスが絡み一死三塁とされると、デントナにタイムリーを浴び、1点を返される。その後も一死満塁のピンチを背負ったが、藤本、相川を凡打に打ち取り、追加点を許さなかった。

 ゴンザレスは五、六回にもランナーを出すが、鶴岡の盗塁阻止や、ラミレスの好守に助けられ、なんとか無失点に抑えた。

 継投策に出た巨人は七、八回を山口、金刃が共に三者凡退に抑える好投を見せると、その裏、一死から小笠原が二塁打で出塁、続くラミレスが中堅にタイムリーを放ち、またもリードを4点に広げた。

 最終回はクルーンが登板。先頭の青木に四球を与えるが、続くデントナを併殺に仕留める。二死からも飯原に四球を与えたが、田中を中堅フライに打ち取り、試合を締めた。


ゴンザレスはいつ崩れてもおかしくないほど、ヤクルトの拙攻に支えられましたね。特に自分のバント処理のミスから招いた失点は、もっともっととられていてもおかしくはなかったです。とはいえ、今までのゴンザレスならとられていたと感じますが、そこをこらえたということにしておきましょう。

外野の守備で二つ印象的なものがありましたね。

一つ目はネ申の三塁打。センターが青木だからこそあそこまで追って、一度はボールをグラブに入れるところまでいったんでしょう。並の外野ならクッションボールを待って二塁打に止まっていたでしょうね。

二つ目はレフトオーバーの当たりのネ申レスのクッション処理からの返球。楽勝二塁打だ…と思いきや、普段は見られない矢のような返球。なんと、俊足?飯原を二塁でタッチアウト。

( ´ー`)y―┛~~

できるんなら普段から見せて欲しいものです。能ある鷹は爪隠すじゃないんだから、日頃からもっともっと見せて欲しいですなぁ。

で、この試合一番の見せ場、タカヒロの代走からのホームインですが。トイレに行っていて見れませんでした… orz なんということでしょうか、神はどうしてここまで無辜の人に苦難を与えるのでしょうか?最近神が信じられません。

さぁ、ここまで2連勝。3連勝するしかありませんな。
 


↓お約束か、ヤクルトで体調管理♪と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 生脇谷弾2本目!まさかこんな筋書きとは… | トップページ | いい話だなぁ…で終わってはいけません »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタメンここまで変えるんなら、タカヒロも出してよ…:

« 生脇谷弾2本目!まさかこんな筋書きとは… | トップページ | いい話だなぁ…で終わってはいけません »