« いや、そもそも論がないがしろにされているような気がする | トップページ | 「以心伝心」というものは本当にあるんですね »

2010/05/07

こんな映画紹介では、5点満点お2点くらいしかもらえませんよ?

もうちょっと工夫してもらわないとw
asahi.com(朝日新聞社):これぞミュージカル「矢島美容室 THE MOVIE」 - 映画 - 映画・音楽・芸能

asahi.com(朝日新聞社):これぞミュージカル「矢島美容室 THE MOVIE」 - 映画 - 映画・音楽・芸能

2010年5月7日

 「ウエストサイド物語」が私はどうも好きになれない。ミュージカルにリアリズムを持ち込んだと評価されているが、現実の物語と風景の中で、人が突然歌い出すのはやはり不自然に思えてしまう。

 テレビのバラエティー番組から生まれたこのミュージカルはリアリズムから遠く離れている。主人公は米ネバダ州に住む母娘。とんねるず木梨憲武の肉体を持つ母マーガレット(36歳)、石橋貴明は次女ストロベリー(11歳!)、DJ OZMAの長女ナオミ(17歳)。3人が日本に渡って歌手になるまでの物語だ。

 冒頭から終幕まで、物語は馬鹿馬鹿しさに満ちている。背景は異様にカラフルな米国の住宅街。だから私たちは安心して歌や踊りを楽しむことが出来る。父の家出、初恋のときめき、そして失恋、友情の確認などが、きちんと作り込まれた歌で表現される。

 馬鹿馬鹿しい物語には憎らしくて魅力的な悪役が不可欠だ。その意味で、この映画の成功は、金持ちで美人で性格の悪いラズベリーを演じる黒木メイサによるところが大きい。彼女はナオミの夢をあっさり粉砕し、ストロベリーの前に立ちはだかる。

 実は、木梨のマーガレットとOZMAのナオミはそれなりにサマになっている。彼女たちの演技にはリアリズムがある。一方、石橋のストロベリーは全く冗談としか思えない。しかし、中島信也監督はクライマックスにストロベリーのドラマを持ってきた。

 どでかい中年男のストロベリーが絶世の美女ラズベリー(こちらも11歳!)と対決する。ところが、私たちはそんなありえない物語に引き込まれている。感動さえしてしまう。これぞミュージカルの不思議。リアリズムはやはり必要ないのだ。(石飛徳樹)

 全国で上映中。


映画の紹介なら、浜村淳さんに指導してもらったらどうか?
浜村淳 - Wikipedia

浜村淳 - Wikipedia

-- 前略 --

映画評論家として [編集]

浜村の映画解説の仕方は独特で、映画の内容を詳細にわたって熱演し、ラストシーンはおろかエンドロールに至るまで言及してしまうため、これから映画を観ようとしている人も必然的にストーリーを知ってしまうことになる。また、アクション映画の解説の際には、邦画洋画を問わず必ず「必殺飛燕一文字五段蹴り!」という掛け声を入れる。これらの解説はあらかじめ用意された台本などを読んでいるのではなく、完全なアドリブである。こういった特徴ある映画解説はファンの熱烈な支持を受け、また一つの芸と見なされてCD化もなされている。

映画のパンフレットを1枚見ただけでも長時間話すことが出来る。毎日放送の映画劇場にて『マイク・ザ・ウィザード』の解説を行った際に「それではアメリカの、お金のかかった凄い凄いSFXをたっぷりとご覧いただきましょう」と語ったが、この映画は監督のマイク・ジトロフによるホームメイドテイスト溢れる自主映画に近い存在の作品で、SFXは古典的なコマ撮りをメインにした内容である。このことから分かるように、実際は解説している作品全てを見ている訳ではなく、ラジオなどで解説した内容と、実際の映画の内容が違うということはよくある。

浜村の映画解説は、どんなつまらない映画でも決して悪いようには言わないと思われている傾向があるが、これは誤りで、浜村が面白くないと感じた映画のことについては、一切語らないというスタンスを取っている。なお、嫌いな映画としては『バットマン』を挙げている。理由は“背景も暗ければ、ストーリーも暗いから”とのこと。

-- 後略 --


上記に書かれていますが、この人にかかったらどんな映画でも面白く思えて、絶対観なきゃ損!っていう感じになるんですよ。不思議ですけど。

しかし、CDになっているとは知りませんでした。アマゾンには本しかありませんでしたが…

まぁ皆さん一度読んでみてください。
 


↓お前は読んだのか?wと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« いや、そもそも論がないがしろにされているような気がする | トップページ | 「以心伝心」というものは本当にあるんですね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな映画紹介では、5点満点お2点くらいしかもらえませんよ?:

« いや、そもそも論がないがしろにされているような気がする | トップページ | 「以心伝心」というものは本当にあるんですね »