« さすが売れっ子は違うねぇw | トップページ | お疲れ様はまだ早い »

2010/05/08

なんとか勝てましたが、もう1点あればもっと楽なのにねぇ

まぁ、相手もプロですからそうそう点はくれませんよね
Yomiuri Giants Official Web Site

Yomiuri Giants Official Web Site

5月8日 対横 浜6回戦・新 潟

 巨人の公式戦としては21年ぶりに新潟で行われた対横浜ベイスターズ6回戦。初回に1点を先制されるも四回に同点に追いつくと、五回に長野の3号2ランなどで一挙3点を挙げリードを広げる。終盤、粘る横浜打線に1点差まで詰め寄られるが、4対3で逃げ切った。

 先発の西村健は初回、内川にタイムリーヒットを浴び1点を先制される。

 一方巨人打線は、横浜の先発・三浦の前に三回までヒットが出ない。しかし四回に先頭の坂本がチーム初ヒットを放つと、小笠原のタイムリー二塁打で同点に追いつく。息を吹き返した打線は五回、四球で出塁したイ・スンヨプを塁に置き、長野が右翼に3号2ランを放って勝ち越しに成功。さらに坂本が二塁打で追加点のチャンスを作ると、脇谷のタイムリーで3点差に突き放す。

 六回にも、高橋由とイ・スンヨプのヒットなどで満塁のチャンスを迎えるが、後続を断たれ得点には結びつかず。その裏、西村健が先頭の内川に三塁打を浴び無死三塁のピンチを招くと、続く村田にタイムリーを打たれ、1点を返される。

 七回、西村健が先頭打者に二塁打を浴び、代わった2番手の山口もヒットを許して二死二、三塁のピンチ。しかし3番手の久保が後続の内川を空振り三振に仕留め、無失点にしのぐ。

 4番手で登板した越智が八回、カスティーヨと下園の連続ヒットで追加点を許し、ついに1点差に詰め寄られる。その後も失策で走者をため、一死二、三塁のピンチが続くが、後続をゴロと空振り三振にしとめ、1点リードを死守した。

 最終回のマウンドはクルーン。2アウトから四球で走者を背負うも、キャッチャー・阿部が代走・野中の二盗を阻止し、試合終了。1点リードを逃げ切り、横浜を下した。

 巨人は今季3度目の4連勝で貯金を最多の11に伸ばした。


今日は投手陣さまさまですね。もっと打ってあげないと。そういう意味ではフランケンに代打を出さなかったのはよっぽどフランケンが信頼されているってことですね。

え?違うって?後の投手がいなかっただけって?

1

曲がりなりにもローテを守っている投手に対して失礼でしょうが m9っ`Д´)

しかし、山口と越智の不調は気になりますね。去年とは違いすぎますねぇ。それに比べてクルボックルの好調さは失礼ながら異常ですよね。この状態が異常にならないことを祈ります。
 


↓下位チームに負けるわけにはいかんからなと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さすが売れっ子は違うねぇw | トップページ | お疲れ様はまだ早い »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

2アウト満塁で西村。あれは代打を出しにくい。西村が先制されたとは言えそんなに不調というわけではないから。後ろはいないわけじゃないけど、そんなに慌てる必要性も無い。

相変わらず三浦は巨人に勝てませんね。

投稿: 巨兎アーツェット | 2010/05/09 07:54

こんにちわ^^

>巨兎アーツェットさん
>三浦…
ほんと、不思議ですよね。
まぁ、こっちにすりゃいいカモですが(爆

投稿: ピア | 2010/05/09 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとか勝てましたが、もう1点あればもっと楽なのにねぇ:

» ハートオフ?ハートオブ? [巨兎アーツェットの独り言日記]
正解は「ハードオフ新潟」でした。ウィキペディアで調べようとしたら全然ヒットしなかった。検索する言葉が間違っているんです。ヒットしないはずです。ちゃんとハードオフ新潟と入... [続きを読む]

受信: 2010/05/09 07:49

» GIANTS 2010-連覇、そして黄金時代へ-#63〜野球は意外性のスポーツ〜 [桑田佳三郎ショウ]
一昨年でしたっけ? 時期は交流戦でしたかね。 9回二死一塁ビハインドの場面で一塁走者がまさにギャンブルプレーとも言える二塁盗塁を仕掛けるもタッチアウトで試合終了。 その時の一塁走者はG48 これを見た当時仙台、もしくは東北地方に本拠地を置く球団の監督(G92の...... [続きを読む]

受信: 2010/05/09 15:49

« さすが売れっ子は違うねぇw | トップページ | お疲れ様はまだ早い »