« 記録のすごさはピンと来ませんけど、何かに打ち込むっていうのは見ていて気持ちがいいですね | トップページ | ものすごい災害だけど、ものすごく綺麗なのはどうしてだろうか? »

2010/04/18

中継を見ていないのでわかりませんけど、そんなに村中っていいんでしょうか?

G打線も下降気味ってことはないでしょうか?
Yomiuri Giants Official Web Site:4月18日 対ヤクルト5回戦・松 山

Yomiuri Giants Official Web Site:4月18日 対ヤクルト5回戦・松 山

 松山で行われた対東京ヤクルトスワローズ5回戦。試合は前日に引き続きスコアボードに0が並ぶ投手戦となったが、六回に一死一、二塁から宮本にタイムリー、デントナに犠牲フライを浴び、2点を献上。八回に坂本のタイムリーで1点を返したが、村中に8回12奪三振と完璧に抑え込まれ、1対3で敗れた。

 ヤクルト先発は開幕カードで8回11奪三振と相性の悪い左腕・村中。

 打線は初回、二死から連続四球で一、二塁のチャンスを作るが、阿部が見逃し三振に倒れる。

 先発の西村健は三回、2つのヒットを許し二死満塁で4番・ガイエルを迎えたが、遊撃ゴロに仕留め得点を許さない。

 しかし六回、先頭の田中の打球を小笠原がエラー。続く青木には中堅前に運ばれ、無死一、二塁とピンチを迎える。ガイエルを中堅フライに打ち取るが、宮本にタイムリーを浴び、1点を先制される。さらに続くデントナには犠牲フライを許し、この回2点を献上した。

 反撃したい打線だが、ヤクルト先発・村中に手も足も出ず、七回二死までノーヒットピッチングを続けられる。七回二死から阿部が中堅にチーム初ヒットを放ったが、後続が倒れ得点に結びつかなかった。

 しかし直後の八回、一死からエドガーがヒットで出塁すると、続く谷の投ゴロを併殺を狙った村中が二塁へ悪送球。一死一、二塁のチャンスをつかむ。ここで好調の坂本を迎えると19試合連続安打となるタイムリーを放ち、1点差に迫る。さらに一死満塁と一打逆転のチャンスを作るが、小笠原、ラミレスが倒れ反撃もここまで。

 八回には3番手で登板した山口が1点を失い、リードを再び2点に広げられると、九回には守護神・イム・チャンヨンの前に三者凡退に倒れた。


8回の攻撃がすべてでしたね。あそこで逆転出来ないことが試合を決めました。僅差のリードならヤクルトはチャンヨンが出てきますからね、最低でも同点にしないと…。

松本の代打はびっくりしましたけど(TVの音声だけは聞いていました)、ヨシノブもよく四球でつないだんですが・・・、あとのオガラミで何も無いとは予想出来ませんでした。特にガッツ、自分のエラーで失点しているのでここは気合が入ってガツンといってくれるだろうと妄想していましたが、なかなか気合が入りすぎてもだめってことですよね…

心配なのは打線ではなく、山口です。

今日もよく1失点で終わったと言う展開です。もう少し青木の走塁がよければ大量得点になった可能性もありますし、どうなんでしょうかね。復活してくれないと困ります。先発にしろ、リリーフにしろね。

青木の走塁、上記ではまずい面が出ましたけど、2点目につながる三塁への走塁は見事でしたね。逆に言うとそこまで走らせてしまったネ申レスが問題ともいえますけど、それは承知の布陣ですから。

いいピッチャーは打てませんね。フランケンも良い投球でした。こりゃー、オール日本人先発陣あるで♪
 


↓ゴンちゃんは?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 記録のすごさはピンと来ませんけど、何かに打ち込むっていうのは見ていて気持ちがいいですね | トップページ | ものすごい災害だけど、ものすごく綺麗なのはどうしてだろうか? »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中継を見ていないのでわかりませんけど、そんなに村中っていいんでしょうか?:

« 記録のすごさはピンと来ませんけど、何かに打ち込むっていうのは見ていて気持ちがいいですね | トップページ | ものすごい災害だけど、ものすごく綺麗なのはどうしてだろうか? »