« 勝つには勝ったものの、もっと若者らしい投球をして欲しいですな | トップページ | iPadのこんな使い道もあったのか? »

2010/04/04

祈るしかないというのも…

こんな報道は見たくなかった
時事ドットコム:巨人・木村拓コーチの容体悪化=「非常に厳しい」と球団代表-プロ野球

時事ドットコム:巨人・木村拓コーチの容体悪化=「非常に厳しい」と球団代表-プロ野球

 2日の試合前にくも膜下出血で倒れ、広島市内の病院に入院しているプロ野球巨人の木村拓也内野守備走塁コーチ(37)の容体について、清武英利球団代表は4日、「悪化の一途をたどっている。非常に厳しい状態」と語った。

 面会謝絶の状態が続いており、「奇跡を待って闘っている最中」だという。同代表はこの日帰京する予定を変更し、広島に残って容体を見守ることにした。

 木村拓コーチは2日にマツダスタジアムで行われた広島戦の試合前、ノックの最中にグラウンドで突然倒れ、救急車で搬送された。

(2010/04/04-17:52)


あれだけ迅速に対応されたというのにこのような状況とは…。くも膜下出血というのは恐ろしいですね。

普通の状況で発症した場合だったら、もしかしてその場で…

奇跡を待って闘っている最中

木村コートも戦っているんですよね。周りが負けてどうする…

|

« 勝つには勝ったものの、もっと若者らしい投球をして欲しいですな | トップページ | iPadのこんな使い道もあったのか? »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈るしかないというのも…:

« 勝つには勝ったものの、もっと若者らしい投球をして欲しいですな | トップページ | iPadのこんな使い道もあったのか? »