« 仕事が嫌だから生活保護? | トップページ | コブラか、何もかも皆懐かしい… »

2010/04/13

藤井は5回まで

証明されつつありますね
Yomiuri Giants Official Web Site:4月13日 対阪 神4回戦・東京ドーム

Yomiuri Giants Official Web Site:4月13日 対阪 神4回戦・東京ドーム

 巨人は初回に小笠原の2ランホームランで先制すると打線が繋がり、三回までに6点を奪う。しかし、六回に1点差とされると、八回にはリリーフの豊田が逆転の3ランホームランを許し、試合をひっくり返される。最大6点あったリードを守りきれず、5本塁打を被弾し、痛い逆転負けを喫した。

 初回、坂本の内野安打と松本の送りバントで一死二塁のチャンスを作り、打席に小笠原を迎える。1ボールからの2球目を振りぬくと打球は右翼スタンドへと吸い込まれていった。最近10試合で打率5割を越える好調ぶりをこの日も見せ付け、巨人は2点を先制する。

 先発は今季ここまで未勝利の藤井。初回、二回と先頭打者に二塁打を許し、得点圏に走者を背負うも、ベテランらしい粘り強いピッチングで0点に封じる。

 二回、先頭の亀井がソロホームランを放ち巨人のリードは3点に。スタメン落ちも経験し、不調に苦しむ亀井にとってこの一発は復活ののろしを上げる号砲となった。なおも打線は、巨人戦5連勝中の相手先発・能見に牙を向く。三回にはラミレス、前の打席でホームランを放った亀井のタイムリーヒットで2点を追加し、能見をノックアウト。さらにこの回1点を加え6対0とする。

 楽勝ムードが一変したのは六回。ここまで無失点に抑えていた藤井が鳥谷、新井にホームランを打たれ、マウンドを久保に託す。代わった久保もブラゼルに2ランホームランを浴び、6対5。試合は一気にわからなくなった。

 七回、松本の二塁打を足がかりに一死三塁とし、バッターはラミレス。一塁へのボテボテの内野ゴロだったが、松本が快足を飛ばしてホームイン。貴重な1点を奪い取る。

 しかし、八回に大きな落とし穴が待っていた。3番手の豊田が一死一、二塁のピンチを招くと、桜井に3ランホームランを被弾。阪神の一発攻勢に飲み込まれ、ついに逆転を許した。

 なんとか反撃したい巨人だが、八回途中から登板した阪神の守護神・藤川球の前に抑えられ、カード初戦を落とした。


トラッキーの得点はすべてHRでしたね。打線はよく打ったので、今日は投手陣が粘れなかったと言うことで、こんな試合もありますよ。

収穫は亀井選手の復活?でしょう。一つ負けても亀井選手が復活してくれるきっかけをつかんでくれれば、安いもんでしょう。

ただし、復活してくれれば、ですが。

長野選手は打てなくなってきつつありますか?これが一軍の壁でしょうか。でも、ここまでの活躍は本物でしょう。ぜひ復活というか復調して欲しいですね。
 


↓松本は凄すぎる…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 仕事が嫌だから生活保護? | トップページ | コブラか、何もかも皆懐かしい… »

ジャイアンツ2010」カテゴリの記事

コメント

一発病ってうつるんですかね?(ノД`)

投稿: 巨兎アーツェット | 2010/04/13 22:51

こんばんわ^^

>巨兎アーツェットさん
そのようですね。
もしかして、全ピッチャー被弾?

投稿: ピア | 2010/04/13 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤井は5回まで:

» GIANTS 2010-連覇、そして黄金時代へ-#44〜ミスばっか・・・〜 [桑田佳三郎ショウ]
快勝ペースが一変して、結果ミス、ミスで終わる羽目になるとは・・・ 本当にしまりっぷりが全く感じられなかった試合でもあったよ。 せっかく能見を攻略できたというのに、水の泡となってしまうとは。。。 ホンマに予想外です・・・ あと打撃不振でここ最近先発出場のなか....... [続きを読む]

受信: 2010/04/13 23:05

« 仕事が嫌だから生活保護? | トップページ | コブラか、何もかも皆懐かしい… »