« 何も説明出来ないということは? | トップページ | 教育の問題ではないでしょう »

2010/03/06

ただより高いものはないじゃなくて、海老で鯛を釣るということか?

昔の人はいいことを言ってますね♪
asahi.com(朝日新聞社):タダで読ませて売り上げ増?ネットで本を無料公開の動き - 社会

asahi.com(朝日新聞社):タダで読ませて売り上げ増?ネットで本を無料公開の動き - 社会

2010年3月6日13時46分

 ゲームや音楽ビデオがインターネットで無料配信される中、書籍の全文をネットで無料公開する動きが出てきた。3月1日から46日間限定で、保険の問題点や加入者へのアドバイスを分かりやすくつづった「生命保険のカラクリ」(文春新書)という新書の全文が公開され、5日までに約3万件のダウンロードがあった。タダで読ませて、本の売り上げには影響しないのか?

 著者は岩瀬大輔・ライフネット生命副社長。岩瀬さんはこれまでも、業界の常識を覆し、「タブー」とされてきた保険料の原価開示に踏み切るなどしてきた。「今も多くの人は、自分の保険の保障内容を正確に理解していない。一人でも多くの人に、保険の仕組みを知ってもらうことが、本を書いたそもそもの目的。ネットでの公開も、その延長線上にある」と話す。

 すでにこの本は6刷3万部を売り、「元は、十分とった」というが、無料のネット公開をきっかけに注目され、それがさらに本の売り上げ増につながることもある。

 例えば米国誌の編集長、クリス・アンダーソン氏が書いた本「フリー」は昨年11月、国内で翻訳版が発売される前、「先着1万人、全編無料公開」としてPDFファイルを無料でダウンロードできる販促を試みたところ、43時間に1万人が殺到。その後、ブログでの書評も相次ぎ、発売前から増刷が決まったといういきさつがある。アンダーソン氏は、ネットの無料サービスをテコに、有料商品・サービスでのもうけにつなげるというビジネス理論「フリーミニアム」を提唱している。

 角川グループホールディングス会長の角川歴彦氏も自著の今月10日の発売に先駆け、1日から全文を公開中。出版社トップ自ら追随する動きも出てきた。

 本の売り上げに悪影響を与えないかとの懸念もあるが、出版業界は、いまのところ静観の構え。「著作者・出版者の意図しないところで、著作物が勝手に再利用・流通されるのとは違い、販売戦略などとして行われるのであれば、あずかり知ることではない」と、業界団体の社団法人日本書籍出版協会の担当者は話している。(鈴木淑子)


やっぱり、読むということについては紙の書籍が一番いいでしょうね。なんといっても、それが普通なんだしね。パソコンの資料でもモニタで見ていても気づかないのに印刷したら間違いに気づくってのはよくあること。それだけいろんなところが見えるということなんですから、やっぱり読むのは紙でしょう。手元に見える形で置いておきたいということも大きいでしょうね。

だから、電子書籍はそれを超える何かがないと普及しないでしょうねぇ。何か、というのはわかりませんけど、PCで読むんだからその機能を活用したものになるのでしょうね。

昔高校生の時に現国の授業である小説の一部を読み、それについてクラスのみんなが疑問点を出して議論するなんてことをしましたが、ああいうこともネットなら全国区、あるいは世界規模でチャットしたりできるんですから、例えばそんな機能とかね。

「ここはどういう意味なんでしょうか?」
「そこはこれこれこういうことで、こうだと思いますよ」
「いや、でもそれだと前のこの部分と矛盾することになるけど」
「ネタばらしですが、その矛盾はあとのほうのここの伏線になっているんですよ」

なんてね。大学教授の専門書の解説とか、結構人気が出たりして。今ならツイッターでしょうかね。

一人で読むんじゃなくてみんなで読む、そんな世界がくれば読書がもっともっと楽しくなりそうですね♪

ところで、アマゾンとかで本の一部を無料で読めたりするといいなぁと思いませんか?チラ見じゃなく、小説なら一章まで読めるとか、そういうサービス。期待はずれってのが防げるかも。そうそう、ネットの立ち読みという感じのサービス。やってくれないかなw
 


↓まるごとにならないから、いいんじゃないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 何も説明出来ないということは? | トップページ | 教育の問題ではないでしょう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただより高いものはないじゃなくて、海老で鯛を釣るということか?:

« 何も説明出来ないということは? | トップページ | 教育の問題ではないでしょう »