« 膿犬って、環境保護団体なんだよね? | トップページ | なんで辞任して選挙して、また任期満了で選挙をする必要があるのか? »

2010/03/08

アカデミー賞はアバターが意外でしたが、もうひとつ意外な作品が

ハートロッカーってこのアカデミー賞の報道ではじめて知ったくらいです(汗
「ハート・ロッカー」が6冠!/アカデミー賞 - 芸能 - SANSPO.COM

「ハート・ロッカー」が6冠!/アカデミー賞 - 芸能 - SANSPO.COM

2010.3.8 14:10

 映画の祭典「第82回アカデミー賞」の授賞式が3月7日(日本時間8日)、米国ロサンゼルスのコダック・シアターで行われ、主要部門では作品賞に「ハート・ロッカー」、監督賞にキャスリン・ビグロー監督、主演男優賞と主演女優賞にそれぞれ「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスと、「しあわせの隠れ場所」のサンドラ・ブロックが輝いた。

 助演男優賞に「イングロリアス・バスターズ」のクリストフ・ヴァルツが、助演女優賞に「プレシャス」のモニークが選ばれた。

 最多9部門にノミネートされた「ハート・ロッカー」は作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響編集賞を獲得し、見事6冠に輝いた。

 同じく9部門にノミネートされたジェームズ・キャメロン監督の「アバター」は、撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3冠で、主要部門の受賞は逃した。

 キャメロン監督とビグロー監督の“元夫婦対決”に注目が集まった今年度のアカデミー賞は、6冠のビグロー監督に軍配が上がった。

 また、長編アニメ映画賞は、前評判の高かった「カールじいさんの空飛ぶ家」が受賞。脚本賞は「ハート・ロッカー」が、脚色賞には「プレシャス」が選ばれた。


撮影賞、美術賞、視覚効果賞という、アバターとしてはとって当然のところだけになりましたね。でも、意外といえば「“元夫婦対決”」というのもねぇ。夫婦で映画監督というだけでも珍しいのに、両方がアカデミー賞にノミネートされるほどの監督とは…。

ところで、こちらも賞をとっていますね
イルカ漁題材「ザ・コーヴ」アカデミー賞 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

イルカ漁題材「ザ・コーヴ」アカデミー賞 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【ロサンゼルス=飯田達人】映画界最大の祭典、第82回米アカデミー賞の発表・授賞式が7日夜(日本時間8日午前)、ロサンゼルスのコダックシアターで行われ、和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした米国の「ザ・コーヴ」が長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

 受賞により、イルカ漁への批判がさらに高まる恐れがある。同作品は、初夏に日本公開予定。

 また、助演男優賞は「イングロリアス・バスターズ」に出演したクリストフ・ヴァルツさん、助演女優賞は「プレシャス」のモニークさんが獲得。長編アニメ映画賞には「カールじいさんの空飛ぶ家」が選ばれた。

          ◇

 「ザ・コーヴ」の受賞に、地元では困惑の声が上がった。

 太地町の三軒一高(さんげんかずたか)町長は「映画を見たが、ドキュメンタリーなら事実を伝える必要があるのに、まずシナリオありきで作為がある。漁の伝統を無視した映画が受賞したのは極めて残念」と批判。町漁業協同組合の杉森宮人参事は「受賞が反捕鯨運動に利用されるのが心配」と憤った。

 町漁協代理人の石田省三郎弁護士は「日本の配給会社には既に上映中止を申し入れており、漁協とよく協議して今後の対応を決めたい」としている。

 この作品を日本で配給する映画配給会社「アンプラグド」の加藤武史代表は「作品として完成度が高く、見応えがあった点が評価されたのだろう。また、米ジャーナリストたちのイルカ漁への関心の表れでもあるだろう」と話した。

 また、ルイ・シホヨス監督は同社を通じ、「私にとって、イルカ漁がなくなり、この入り江が本来の国立公園として日本の人々の手に戻った時が、本当の受賞の日だと思う」とコメントを発表した。

(2010年3月8日14時15分 読売新聞)


まずシナリオありき。「ヤスクニ」でも同じことが起こっていましたよね。しかも、撮影のためには犯罪行為や迷惑行為も辞さないってのも同じです。ただ、アカデミー賞を取った事自体にあれこれ言っても仕方がありませんから、この件については残念&説明していくということしかできないですね。

監督のコメントがありますけど、

私にとって、イルカ漁がなくなり、この入り江が本来の国立公園として日本の人々の手に戻った時が、本当の受賞の日だと思う

余計なお世話というところですね。

こちらの記事にはもう少しコメントが載っていました
asahi.com(朝日新聞社):ザ・コーヴの監督「日本人は映画を見て、自分で判断を」 - 文化

asahi.com(朝日新聞社):ザ・コーヴの監督「日本人は映画を見て、自分で判断を」 - 文化

2010年3月8日20時50分

 【ロサンゼルス=堀内隆】米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」のルイ・シホヨス監督は7日、受賞後の記者会見で「日本人はこの映画を見て、食べる肉のためや娯楽のために動物を利用するべきなのかどうか、自分で判断して欲しい」と語った。

 シホヨス氏は「日本メディアは、この映画を見ずに『日本バッシングの映画だ』ととらえている。私に言わせれば、これは日本人へのラブレターだ」と述べた。また映画に登場した元イルカ調教師で現在は自然保護活動家のリチャード・オバリー氏は会見で、「日本人には知る権利がある。人びとに(起きていることを)伝えるという、日本のメディアがやらないことをこの映画はやっている」と話した。

 また「イルカの肉が鯨肉として売られている」という映画の指摘を和歌山県太地町側が「事実誤認」と主張していることについて、シホヨス氏は「太地町で売られているとは言っていない。我々は日本全国で200のサンプルを採って確かめた」と反論した。


食べる肉のためや娯楽のために

なんで鯨・イルカだけなんでしょうかね。この趣旨でいけば、食肉産業は全滅、動物園も全滅、そもそもホエールウォッチングも全滅ですけど。あ、サーカスもかな。

日本人には知る権利がある

知らされていないとでも?調査捕鯨の報道とか普通にありますし、鯨肉もスーパーで(高いけど)売られているし、今でも捕鯨基地の港は残っていますし、十分知っていますけどね。イルカの肉を食べるということを知らない人はいるかもしれませんけど、それも捕鯨の報道に関連して知っている人も増えてきているでしょう。

シホヨス氏は「太地町で売られているとは言っていない

詭弁w
映画は太地町が舞台になっているんだから、観た人は当然そういう印象を持つでしょう。もしかして自分の作品はそうなっていないという、そこから事実誤認しているんでしょうか?w

我々は日本全国で200のサンプルを採って確かめた」

どこでどうなっているのか公表して欲しいですね。でも、イルカと鯨の境って曖昧なんじゃないの?クジラ類ということでは同じだし。少なくとも間違ってはいないような。

( ´ー`)y―┛~~

でも、ぜひ観てみたいです。もちろんレンタルで、ですが。

イルカ漁をしている意味を考えない戯言ですか?
 


↓本当に取っちゃうとはな…と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 膿犬って、環境保護団体なんだよね? | トップページ | なんで辞任して選挙して、また任期満了で選挙をする必要があるのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞はアバターが意外でしたが、もうひとつ意外な作品が:

« 膿犬って、環境保護団体なんだよね? | トップページ | なんで辞任して選挙して、また任期満了で選挙をする必要があるのか? »