« 再び映画で観られるとは… | トップページ | 先生!韓国からパクリをなくすと何が残るんですか? »

2010/01/10

宇宙戦艦ヤマト 復活篇鑑賞

前売り券を買っていたのにすっかり忘れかけていて、今日急遽観に行くことにしました。宇宙戦艦ヤマトなんて観る人なんて少ないだろうとたかを括って開始時間に間に合うように行ったんですが、チケット売り場に行列が!!!

まぁ、アバターとかワンピの人が多かったようです(汗

開始直後に

無限に広がる大宇宙…

っていうあのナレーション。これよ、これこれ!これでなくっちゃ!

でも、すぐにそのワクワク感がなくなった、というかげんなりしてきた。

絵が汚さ過ぎる

映画っていうレベルではなく、テレビアニメっていうレベルです。なんというのか、テレビ東京で毎週やっている「NARUTO」のような、デッサンが狂いまくった顔、強弱も何もない線の描画。昔映画の宇宙戦艦ヤマトと言えば絵の綺麗さでダントツだったような記憶があるんですけどね。でもまぁ、CGのところは綺麗ですが(爆

( ´ー`)y―┛~~

まぁストーリーは皆さんご存知だと思いますので触れませんが、冒頭に動くブラックホールっていう設定が出てきた時はぶっ飛びそうになりました。しかも光ってるし。まぁ、光るのは見やすいように何かを利用して着色して見せているとしてもねぇ。それと、移民の帰りにそのブラックホールと遭遇しているのに、引き寄せられるでもなくふつーーーーに横を通り過ぎているところとか、敵のハイパーなんとか砲を1隻の宇宙戦艦がこらえたとか、移民先の星で敵の仲間割れが起きて提督の船が特攻するとか、敵が実は異次元の生命だったとか、どうして地球を手に入れてもいないのに自分からネタバレさせてるの?とか、太陽を波動砲で撃つってバロン星?とか、なんで古代雪がやられるときに裸になるの?とか、もしかしてキャプテン・ハーロック2代目?とか、どうして最新鋭戦艦なのにバリアのひとつくらい装備していないのか?とか、いろいろと突っ込みどころは多いものの、ヤマトファンとしては楽しめました。評価は星ひとつですね♪

年末も観に行くことになるでしょうけど、こんなふうに突っ込まれないような映画を作って欲しいものです。

映画の最後に

ヤマト復活偏 第一部完

って出たときはびっくりしましたけど。

そうそう、びっくりしたと言えば原案はあの

石原慎太郎

って出ていました。

何の案を出したのかは知りませんが、多分SUSがアメリカなんでしょうかね?
 


↓それだけは間違いないかもなと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 再び映画で観られるとは… | トップページ | 先生!韓国からパクリをなくすと何が残るんですか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト 復活篇鑑賞:

« 再び映画で観られるとは… | トップページ | 先生!韓国からパクリをなくすと何が残るんですか? »