« 文部大臣がこれでは先生も子どもを叱れませんなぁ | トップページ | インドネシア並の支援をしないとだめでしょう »

2010/01/14

グーグルにとって、アメリカ国内で「人権弾圧の手先」と言われることはビジネスモデルの根幹にかかわりますから当然の検閲停止でしょう

そんな媒体に広告を出していると広告主の品格を問われかねませんからねw 日本で言えば侮日新聞でしょうか?アカヒかな?
グーグル検閲停止、中国で党批判サイトも公開に : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

グーグル検閲停止、中国で党批判サイトも公開に : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【北京=関泰晴】中国外務省の姜瑜・副報道局長は14日の定例記者会見で、インターネット検索世界最大手の米グーグル社が中国当局による検閲受け入れを拒否したことに関し、「中国のネットは開放的だ。国際的なネット企業が中国で法律に基づき、事業を展開することを歓迎する」と述べ、当局の意向に沿って検閲に協力するよう促した。

 姜副局長は、「中国の法律は、いかなる形式のハッカー行為も禁じている。中国政府は、他国と同様に法律に基づいてネットを管理している」と語り、同社が中国国内からサイバー攻撃を受けたと主張していることにも反論した。

 一方、中国国内では14日、グーグルの中国版サイトを通じれば共産党独裁を批判する民主活動家の文章や天安門事件の写真など、これまで見られなかった情報が閲覧できる異例の状態となっている。

 同社が、「言論の自由に反する」として、検索結果の検閲受け入れを停止した結果とみられ、中国当局の対応が注目される。

(2010年1月14日18時31分 読売新聞)


中国涙目www

中国のネットは開放的だ

たしかにそうでしょうね。共産党が認めた内容ならという但し書き付きですけどw

いかなる形式のハッカー行為も禁じている

ちょw
中国が法律のことを言ってるのかwww

まぁ、ハッカー行為を許可している国などありませんからなぁ(棒

ところで、このグーグルの撤退というか検閲の中止によって中国人民は魑魅魍魎の世界に入ったとも言えますが、人格崩壊したりしませんかね?あと、グーグルサイトと利用者の間にはプロバイダというものが存在しますので、そこで検閲されて不適切な情報にアクセスした人の個人情報もだだ漏れでしょうから、一概にグーグルが検閲体制から離脱したからネット的な弾圧がなくなるかといえば全然違うしねぇ。

ところで、マイクロソフトやヤフー、シスコシステムズはどうするんでしょう。自分たちが使うという意味のチャイナフリーだけではなく、こういう面のチャイナフリーも必要ですね。

ビジネスをするエリアとしてもチャイナフリー。

なんといい響きではありませんか♪

Chinafree2
 


↓もうすぐ腐海になるしwwwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 文部大臣がこれでは先生も子どもを叱れませんなぁ | トップページ | インドネシア並の支援をしないとだめでしょう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/47294334

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルにとって、アメリカ国内で「人権弾圧の手先」と言われることはビジネスモデルの根幹にかかわりますから当然の検閲停止でしょう:

« 文部大臣がこれでは先生も子どもを叱れませんなぁ | トップページ | インドネシア並の支援をしないとだめでしょう »