« 食べるのは忍びない豚まんw | トップページ | お誕生日♪ »

2010/01/03

アバター鑑賞記(ネタバレ注意)

昨日、どこかに出かけようかということで近場のアリオに行ってきました。

男どもはまず映画鑑賞。何を見るかは決めていなかったんですが、アバターがあったので全員一致で決定。できれば3Dを観たかったんですけど上の子が「酔いそう」ってこと、かつ17時からのチケットしかないってことで、普通のもの(っていう言い方も変ですがw)を観ました。

アバター オフィシャルサイト

何にも予備知識なしで観たので、ストーリーもまったく知りませんでしたから、いきなり宇宙船の場面から始まったのは驚き。だって、CMでは「パンドラ」の星でいろいろするっていう話っぽかったし。

シガニー・ウィーバーが出演していることも知りませんでしたから、なんだか旧友にあったような錯覚でそこもよかった。この主演の男優ってターミネーター4に出ていたロボのほうでしたっけ。そこもよかった。

お話は既に観た方も多いと思いますが、パンドラという星に住む部族の住む大きな木の下に貴重な鉱物の鉱床があって、そこをどうにか採掘したい人類。いろいろと手を尽くしてみますがどうにも交渉決裂気味。そこで「アバター」と呼ばれる部族と人類のDNA?を結合させた人造生物を作って、そこに隊員の意識を同化(=リンク)させて部族と交流し、なんとか交渉を進めたり、部族が欲しがっているもの、困っていることを聞き出そうとしていたと。

主人公の兄さんもその役目だったが事故で急死し、DNAもほぼ同じという弟が選ばれた。ただ、その弟は脊髄損傷で下半身不随で車椅子生活。

リンクするのでシガニー・ウィーバー演じる科学者のリーダー・グレースのチームに入るものの、海兵隊出身ということでパンドラに配備されている軍の大佐に「スパイになれ、足も治してやる」といわれ従う。

初リンクのときからその身体能力は際立っていた弟。グレースの調査に護衛として随行した際に猛獣?に襲われてはぐれ、ヒロインと出会う。最初はヒロインに拒否されていたが、生命の精が主人公ジェイクに舞い降りるところを見、部族の拠点に連れて行き、そこで部族の生活に入ることを許される。

部族の男としての学習を始めるジェイク。ヒロインのネイティリが先生として部族の生活を学習する毎日。そこでジェイクは部族ナヴィとパンドラの森のつながりを知るとともに、ネイティリと恋に落ちる。そして、ナヴィとパンドラを守ろうと決意する・・・。

ざっと省略して、交渉決裂となりとらわれの身になったジェイクを数少ない仲間が救う。軍が攻撃してくる際にジェイクも抗うものの何もできず聖なる木を破壊されてしまい、その際にネイティリの父=部族の長も死んでしまう。ジェイクは今こそパンドラの各部族を結集して戦うときだと決意し、伝説の「トゥールマクトー」となり、みんなの下に戻ってくる。

トゥールマクトーがパンドラの全部族を纏め上げ、反撃の態勢は整った。

地上で騎馬部族、空には鳥?部族、ジェイクたちもマシンガンや武装ヘリなど少ない近代兵器を利用しながら反撃。しかしほとんどの軍を撃破したものの、味方にも犠牲者が多く出る。地上部隊で出撃していたネイティリも窮地に追い込まれるが、そこでパンドラの生命をつかさどる「エイワ」が助けを出してくれなんとか敵から逃げ延びる。

パンドラ軍もほとんど撃破されたものの大佐からは爆撃決行命令が出されるが間一髪で阻止したジェイク。しかし、大佐も指揮官機が墜落する寸前に「モビルスーツ」に乗り込み間一髪で逃れる。そこに駆けつけたネイティリ。大きな猛獣に乗って果敢に大佐を攻撃するものの猛獣が撃破され、その下敷きになってしまう。ここでまた間一髪でジェイクが表れ、格闘の末にネイティリが弓矢で大佐に止めを刺す。

しかし、その格闘の合間にリンクが切れて人間のジェイクに意識が戻ってしまった。パンドラの空気は人間には有害で1分と持たず酸素マスクをつけなくては死んでしまう。焦ったジェイクはマスクを落としてしまい意識を失うが、間一髪でネイティリが間に合い、そこでネイティリはジェイクがジェイクだと知る。

あとはエピローグ的なお話です。人類=スカイピープルが地球に撤退(=追い出される)、ジェイクが人間の体を捨て、ナヴィの体に移る儀式の場面。

( ´ー`)y―┛~~

ネタバレしまくりですが、どうしてここまで書いたかというとストーリーなどわかっていようがいまいが楽しめるすばらしい作品だなと思うからです。

3Dで観ればさぞ美しいだろうなぁと感じるパンドラの森、設定自体はナウシカのパクリかも知れませんがとにかくきれいです。

ストーリもいいですね。

エイワと交信ができる、死んだ人もパンドラのエイワの下で存在する、エイワはただ調和を保とうとするだけ、「苦しめなかった、合格よ」、「相手はどう反応する?」「あなたを殺そうとするわ」、絆を結んだ瞬間からあなただけに仕える、などなど、何度でも観てみようと思うような深いセリフ満載です。

でも、私が一番いいセリフだなと感じたのは

「アイ シー ユー」

というセリフです。

ネイティリと恋に落ち、戦士の資格を得たジェイクがネイティリを選んでネイティリも選んだ際の会話がこれです。

聖なる木が破壊されネイティリにもスカイピープルの一味と拒絶され、でもジェイクが伝説のトゥールマクトーで戻ってきた際に和解したときの会話もこれです。

でも、一番感動したのは最後のアイ・シー・ユーです。

それは、大佐に止めを刺したあとジェイクが酸素マスクを落として死に掛けて、ネイティリが助けたあとにありました。

「アイ シー ユー」

それまでの「アイ・シー・ユー」はあなたの心が見えたという意味だったのに、ここでは「やっとあなたに会えた」という意味で使われています。

なんと深いストーリなんでしょうか。月並みな表現ですが、感動しました。

ここまで話がわかれば「アバター」というタイトルも意味深ですね。あ、記憶を頼りに書いていますので間違い・勘違いは多くあると思いますので、そのへんはご容赦を m(_ _)m

今度は3Dで観たいなぁ。
 


↓結構ベタな展開が好きなのか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 食べるのは忍びない豚まんw | トップページ | お誕生日♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今更ですが新年明けましておめでとうございます。

自分も「アバター」を観て来ました。
私は3Dで鑑賞しましたよ。
個人的には、思っていたよりリアル感がありましたが、裸眼とのギャップはないと思います。
現代社会にメッセージを投げかけるようなストーリーが印象的でもありました。

本年も宜しくお願いします。

投稿: FREE TIME | 2010/01/11 22:48

こんばんわ^^

>FREE TIMEさん
こちらこそ、明けましておめでとうございます。

いや、ほんとにいい映画でした。
ストーリーがしっかりしているので
2Dでも関係なく楽しめましたね♪

投稿: ピア | 2010/01/11 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバター鑑賞記(ネタバレ注意):

» 映画『アバター』観賞〜面白かったけど・・・・。 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
 ジェームズ・キャメロン監督作の映画『アバター』を観賞しました。  「『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督」という宣伝文句も聞きましたけど、むしろ「『アビス』のジェームズ・キャメロン監督」って感じの映画かな・・・。(パンドラの夜光植物とか神秘的な雰囲気が『アビス』を思いおこさせます。)  あと、個人的な感想ですが、宮崎駿が『もののけ姫』や『ナウシカ』で描いたテーマと、底通するものを感じました・・・・。 【 あらすじ 】  戦争で負傷して下半身不随になった元海兵隊員ジェイクは、... [続きを読む]

受信: 2010/01/03 20:15

» ★「アバター」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30〜の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2010/01/05 01:30

» 映画「アバター」の感想です。 [MOVIE レビュー]
お久しぶりの更新です。「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2Dの普通の映画館だったので、それほどすごいと言える映像体験はできませんでした。確かにCGを駆使した映像は綺麗で壮大で目を見張るパノラマをみせてくれましたが、やはり3Dではないのでねぇ・・・ビックリ体験できませんでした。ビックリとまではいかないけど2Dでもすごい迫力でしたから映画館で観る価値は大いにあると... [続きを読む]

受信: 2010/01/06 01:58

» 映画「アバター」 [FREE TIME]
話題の映画「アバター」を3Dで鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010/01/11 00:11

« 食べるのは忍びない豚まんw | トップページ | お誕生日♪ »