« 物事には裏表があるということですね | トップページ | 道を開くことはいいんですが、やり方を間違えないようにしないと »

2010/01/04

マルデアホ?いえいえ、どっちかというとスケベニンゲンだった?w

いつだったか、読売新聞で書評を読んだことがあります♪
マルデアホな旅で元気に、会社員が珍地名紀行本 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

マルデアホな旅で元気に、会社員が珍地名紀行本 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 埼玉県入間市の会社員が、約13年かけて国内外の珍しい名前の土地100か所以上を訪ねた記録を出版し、話題になっている。エロマンガ、マルデアホ、笑内(おかしない)、鼻毛、南蛇井(なんじゃい)……。思わずニヤリとする地名のオンパレードに、「会社を解雇されてつらい時に本を読み、元気が出た」などの感想が届く。


バヌアツ・エロマンガ島のページを紹介する安居さん
 

 大手電機メーカーで半導体の研究開発に携わる安居(あんきょ)良基(よしもと)さん(36)は、慶大在学中の1996年3月、欧州旅行先のオランダで「スケベニンゲン」と読める街に立ち寄った。これをきっかけに、図書館で風変わりな地名を調べ、アルバイトでためたお金で旅行しては、道中記をインターネットのホームページ(HP)で公開するなどし始めた。

 大学院を経て就職した後も連休などを使って旅を重ねた。豪州大陸の東方、バヌアツ共和国・エロマンガ島への旅では、首都から8人乗りプロペラ機で向かうと、電気も水道もない土地で歓迎式典を受け、族長の家に宿泊。海の幸や果物と自然を満喫した。

 一方、旅には出費やリスクも伴う。エロマンガ島への2泊3日の旅程には約60万円を費やし、アルゼンチン・マルデアホを訪ねた際は髄膜炎を患い、帰国後1週間近く仕事を休んだ。

 それでも旅を続けるのは、HPなどを見た人からの反応があるからだ。「こんな地名がある」「心が和んだ」などのメールが1日で10本届くことも。書籍化の誘いを受けて数年がかりでまとめた「世界でもっとも阿呆(あほう)な旅」(幻冬舎)が昨年11月に出版されると、さらに多くの感想が寄せられるように。

 「好きなことをやっているだけなのに」と恐縮気味の安居さん。「観光地ではないだけに、ありのままの文化を目にできる」と珍地名を追う旅は今後も続けるつもりだ。次の大型連休は「ボインシティー」(米国)、「バカヤマ」(インドネシア)などを狙っている。

(2010年1月4日12時08分 読売新聞)


いいですねぇ、こういう旅。なんの意味もなく、ただただ面白い地名を巡るってのがいいですね。本は読んでいませんが、その地名にあったポーズで写真を撮っていたりするんでしょうか?

スケベニンゲン
エロマンガ島

デジカメじゃないと写真を見れなさそうですねw

公式(w)HPはこちらのようです
ANKYO's HOME PAGE desc
世界の「珍名」所大集合 desc

HPのトップ、見づらい・・・
まぁそれはおいておくとして、

(´ー`)y─┛~~

なんかこう、エロ関係の地名の登場頻度が高いような気がするのは私だけ?w
 


↓正月早々元気になる記事だ!wと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 物事には裏表があるということですね | トップページ | 道を開くことはいいんですが、やり方を間違えないようにしないと »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

ハンガリーには「シオタラン」という・・・
あっこれ地名じゃなくて言葉でした。意味は「塩気が無い」。で「シオタラン」。本当の話です。
スペイン語でアホはにんにく、バカは牛、カガはう○ち、マリコはオカマ。

外国語って他国から見ると「?」や「( ´艸`)プププ」な事が多いって事ですよ。
だから加賀まりこさんはスペインに行ったら大変ですね。

ちなみに大阪にはほうしゅつと書いて「放出(はなてん)」があります。

投稿: 巨兎アーツェット | 2010/01/04 20:45

こんばんわ^^

>巨兎アーツェットさん
ハナテン中古車センターーーー!
っていうCMありましたよね。

懐かしいです。

投稿: ピア | 2010/01/04 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/47202161

この記事へのトラックバック一覧です: マルデアホ?いえいえ、どっちかというとスケベニンゲンだった?w:

« 物事には裏表があるということですね | トップページ | 道を開くことはいいんですが、やり方を間違えないようにしないと »