« こういうときは日王って書かないんですか? | トップページ | 台湾の少数民族の資料を統治時代の日本が記録していたらしいです »

2009/12/26

エ号ってなんですかと思いきや・・・、これは素晴らしいぞ外務省!

こういうことを後世まで伝えることが出来るように両国には是非頑張って欲しいですね
エ号救助の子孫派遣 1月のトルコ式典 - AGARA紀伊民報

エ号救助の子孫派遣 1月のトルコ式典 - AGARA紀伊民報

 和歌山県は25日、2010年1月にトルコで開かれる「トルコにおける日本年」のオープニング式典に、1890年に串本町大島沖で遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号の救助に協力した人の子孫を派遣すると発表した。

 外務省は、エ号事故から120年の節目を「トルコにおける日本年」として、張富士夫氏(トヨタ会長)を委員長とする実行委員会を設立した。実行委は1月4日にトルコの首都アンカラで開くオープニング式典などの催しを主催する。

 式典に派遣されるのは、串本町観光課長の堀口徳弘さん(57)、長男で小学校講師の徳正さん(30)親子。徳弘さんは、エ号事故で助けを求めてきたトルコ人の第一発見者であり、遭難者を救護した高埜友吉さんのひ孫に当たる。

 式典では和太鼓の演奏や両国要人のあいさつ、現代能の公演、着物のファッションショーがある。徳弘さんは式典で串本町で毎年開かれているエ号乗組員の慰霊式典のことや、トルコとの友好についての思いをスピーチする予定。

 県文化国際課は「串本が日本とトルコの交流の発端になり、今でも友好を温めていることを現地の人に再認識してもらいたい」と話している。


いいですねぇ。素晴らしいです。まぁ、ファッションショーがよくわかりませんけど、日本文化の紹介という意味があるのでしょう。

当ブログでもこの事件のことは何度か記事にしました。

エルトゥールル - Google 検索 desc

ピア 徒然見聞録: 親日国家トルコとの縁は?
ピア 徒然見聞録: これがトルコ親日の理由かも知れません
ピア 徒然見聞録: なんと、トルコ大統領が串本に!
歴史を忘れてはいけない: ピア 徒然見聞録

たしかどこかにフラッシュがあったはずですが・・・、見つけられませんでした。残念です。
 


↓こういう国とは長くお付き合いをお願いしたいねと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こういうときは日王って書かないんですか? | トップページ | 台湾の少数民族の資料を統治時代の日本が記録していたらしいです »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/47118219

この記事へのトラックバック一覧です: エ号ってなんですかと思いきや・・・、これは素晴らしいぞ外務省!:

« こういうときは日王って書かないんですか? | トップページ | 台湾の少数民族の資料を統治時代の日本が記録していたらしいです »