« まーた始まった小沢る駄々っ子の「私は悪くない」 | トップページ | なんだ辞任かよ、辞職しろよ »

2009/12/14

中国副主席 > 天皇陛下 という図式ですね?

マジで死ねよ・・・
時事ドットコム:中国副主席との会談中止=小沢氏「日程に配慮」

時事ドットコム:中国副主席との会談中止=小沢氏「日程に配慮」

 民主党は14日、小沢一郎幹事長と中国の習近平国家副主席との15日午後の会談が中止になったと発表した。小沢氏は14日夕の記者会見で中止の理由について「(中国側から)会いたいという連絡はあったそうだが、わたしは中国に行ったばかりだ。(習氏は滞在中)非常にお忙しい日程なので、無理されなくてもいいと(伝えた)」と述べ、習氏の日程に配慮したものだと説明した。

 習氏は14日午後に来日。同日の鳩山由紀夫首相との会談のほか、15、16両日には衆参両院議長や与野党幹部らとの会談が予定されている。15日午前に天皇陛下と会見するが、この会見が首相の指示で特例的に実施されることから、与野党で「天皇の政治利用」との批判も出ている。

 首相が指示した背景には、小沢氏の働き掛けがあったとの見方があり、会談中止は天皇特例会見が影響したとみる向きもある。 (2009/12/14-19:17)


えーっと、小沢売国政治屋の頭の中では、中国の習近平国家副主席の忙しさは気遣っても、日本国天皇陛下の健康は気遣わないそうです。

(習氏は滞在中)非常にお忙しい日程

ん?

天皇陛下はお忙しくないとでも?国事行事以外にも宮中行事が目白押しの天皇陛下がお忙しくないとでも?副主席など日本見物に来たって言うだけでしょう?暇じゃないの?まぁ、そんな暇人に付き合う暇は天皇陛下にはございませんが・・・。その忙しい中で会見するための準備や調整をするための1ヶ月ルールなんでしょ?民間企業でも幹部の日程を抑えるのは1ヶ月くらい先なんじゃないの?まぁ、自分はスケジュール帳真っ白なのかもしれんけどねー。

明日どうなるのかな。天皇陛下は要請があればお会いするでしょうし・・・。かといってご病気で会見中止というのは本末転倒ですし・・・。副主席が

「私のような穢れたものは天皇陛下の御前に立つなどとは畏れ多い」

と恐れ入って辞退するのが一番なんですけどねぇ。

それか、皇居前広場で

三跪九叩頭の礼

をしたあとに階段の下で拝謁するのなら許すが・・・。
 


↓ないな・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まーた始まった小沢る駄々っ子の「私は悪くない」 | トップページ | なんだ辞任かよ、辞職しろよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中国・習近平副主席と天皇陛下の会見が各所で波紋を呼ぶ-国難が迫ったときには必ず天皇制が表に出てくる!!

こんにちは。中国副首相の天皇陛下の拝謁が、各所で波紋を呼んでいます。日本の歴史をふりかえってみると、本当の国難が迫ったときには、それまで表には出てこなかったのに、必ず何らかの形で天皇が表にでてきます。時代によって、朝廷の権威が落ち、一見天皇が象徴的な意味合いしかもたないように見えた時代にあってすらそうでした。そういった意味合いから、私は、天皇陛下の動向は、時代の趨勢をみるための目印にもなると思います。今回の、一連の騒動や、オバマ大統領の天皇への挨拶が、アメリカ国内で波紋を呼んだ件、岡田外務大臣の「天皇のお言葉」発言など、ここしばらく、天皇関連の報道が続いています。さて、これを国難の始まりとみるべきか、あるいはそこまでは至ってはいないと見るべきか、難しいいところです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009/12/15 10:27

こんばんわ^^

>yutakarlsonさん
節目節目に皇室が表舞台に出てくる。
おっしゃるとおりでしょう。

あの信長でも皇室を無視できませんでしたから。
明治維新、終戦の御聖断など、皇室や天皇陛下が
いなければ日本がどうなっていたかわからない、
そういう節目がありますよね。

投稿: ピア | 2009/12/16 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/47022519

この記事へのトラックバック一覧です: 中国副主席 > 天皇陛下 という図式ですね?:

» *〔しーたろう〕の宮内庁等へ送信した意見書文例公開* [ガラス瓶に手紙を入れて]
※一阿さまのお話の途中でございますが、〔しーたろう〕が管理する別サイトで、http://sitarou09.blog91.fc2.com/下記の件の周知拡散ならびに意見書文例アップの要請がございましたので、急遽この記事を掲載させて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2009/12/14 21:40

« まーた始まった小沢る駄々っ子の「私は悪くない」 | トップページ | なんだ辞任かよ、辞職しろよ »