« え?ドバイショックって自爆民主党が起こしたんじゃないの? | トップページ | 毎日新聞って在日通名報道だけじゃなく、TBS隠匿報道もするのか? »

2009/11/29

美味んぼ「和歌山編」、これは読んでみたいかも♪

何が取り上げられているのか、楽しみですね♪
名刺の裏に「美味しんぼ」 人気漫画と特産品PR - AGARA紀伊民報

名刺の裏に「美味しんぼ」 人気漫画と特産品PR - AGARA紀伊民報

 和歌山県は、県の特産品や食文化をPRするため、和歌山を取材した人気漫画「美味しんぼ」と「レッド・リン」のイラストを裏面に印刷した名刺を作製した。

 美味しんぼは、各都道府県の食文化や郷土料理を題材にした企画を進めており、和歌山編をまとめた単行本が発行された。8月に連載を始めたレッド・リンは、みなべ町の老舗梅干し会社が舞台。作者の中村真理子さんは和歌山市出身で、10月に仁坂吉伸知事と対談した。

 名刺は美味しんぼが4種類、レッド・リンが1種類。美味しんぼは、イガミと熊野古道・発心門王子など、県産食材と風景が並んだ各話の表紙。レッド・リンは主人公のリンと南方熊楠が並ぶオリジナル画を印刷した。

 使用するのは農林水産物や加工食品の生産振興、販売促進に関係する県職員。県食品流通課は「漫画はインパクトがあり、分かりやすい。名刺交換のたびに、県産品の魅力を発信できる」と期待している。


【和歌山を取材した人気漫画のイラストを印刷した県職員の名刺】

(2009年11月26日更新)


「美味しんぼ」原作者・雁屋哲さんに聞く、和歌山の食と人| この人、語る|2ch講演講座|和歌山県インターネット放送局 「美味しんぼ」原作者・雁屋哲さんに聞く、和歌山の食と人

作者は苦しんでいたようですね
和歌山県篇で苦しんでいます | 雁屋哲の美味しんぼ日記 雁屋哲の美味しんぼ日記 -「美味しんぼ」原作者、雁屋哲の公式ブログ。

書きようがないっていう雰囲気を感じますが、そうではないでしょうか?

こちらはそんなに苦しんでいる様子が伺えませんが・・・
「美味しんぼ」連載再開は和歌山から 原作者が知事と対談  - MSN産経ニュース

「美味しんぼ」連載再開は和歌山から 原作者が知事と対談  - MSN産経ニュース

2008.11.15 00:08
このニュースのトピックス:マンガ

 小学館の週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」で休載中の人気漫画「美味(おい)しんぼ」が平成21年3月にも再開し、第1弾の「日本全県味巡り・和歌山編」をスタートする。県内の食材や伝統料理を取材していた原作者の雁屋哲さんが14日、県庁を訪れ、和歌山の食をテーマに仁坂吉伸知事と対談した。

 雁屋さんは10、11月の計10日間、みなべ町の梅料理や那智勝浦町の目張りずし、田辺市のシラス料理など県内の伝統料理を県職員らの案内で取材した。雁屋さんは「本当にいい取材ができた」と振り返り、和歌山の印象について「海と山があり、しかも歴史が古い。文化的に違うものが混在している面白い県。そこは漫画に書きたい」と語った。

 さらに「郷土の伝統料理や文化を記録し、若い人たちに伝えるのが僕の役目。今の若い人は外からの情報に踊らされ、自分たちがどんなにいいものを持っているか忘れている」と指摘。仁坂知事が「和歌山はいいものを持ちながら認められていない。よその人に知ってもらいたい」と話すと、雁屋さんは「和歌山の若い人たち自身が和歌山のことを知ってほしい。そうしないと県はよくなりません」と提案した。

 雁屋さんは印象に残った料理の一つに、煮たサトイモを丸ごと椀(わん)に入れた旧大塔村(田辺市)の料理「ぼうり」を紹介。同地域では大塔宮護良親王に対し失礼があったため約600年間、正月にもちをつかない代わりに食べたという伝承を挙げ、「(和歌山は)歴史があって信じられないような話が出てくる」と称賛した。

 「美味しんぼ」の連載は5月、反目していた主人公の山岡士郎と父の海原雄山が連載25年にして歴史的和解を果たし、現在は休載中。再開第1弾の和歌山編は来年6月には単行本化される見通し。「日本全県味巡り」シリーズはこれまで8府県が登場している。


単行本は103巻らしいですね。

美味しんぼ「和歌山編」の単行本発売で和歌山人狂喜www で、何がうまいのかね desc

アマゾンのレビューで散々に言われているようですね⇒「日本全県味巡り」。まぁ2,3件しかないですが。

確かに観光案内という側面は否定できないでしょうね、製作者側にはなかったとしてもね。こんな料理がありましたというだけではなかなか食べに行ってみたいとはならないでしょう。その料理はその土地土地の歴史や風土から生まれているものですから、やっぱり、その土地に行って直に空気に触れないと本当の魅力もないのでしょう。

こんな歴史があってこのような料理があり、それはそもそもこういう気候や風土があったからなんだ

そういうことがわかればもっともっと行きたくなる・食べたくなると思いますけど、ただの料理漫画にそれを求めるのは酷だと思います。

しかしまぁ・・・

梅にシラスに目張り寿司ねぇ・・・。

クジラは当然和歌山県の料理だと思いますが、それは入っているんでしょうか。
 


↓クジラは食べてはいかんだろwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« え?ドバイショックって自爆民主党が起こしたんじゃないの? | トップページ | 毎日新聞って在日通名報道だけじゃなく、TBS隠匿報道もするのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

士郎とゆう子は結婚したけど、これは原作のみでアニメはそうそうに終了。ドラマは最近やっているけど、まだ2人とも独身のままですよね。
終了したんじゃなくて休載なんですよね。続編が楽しみです。

投稿: 巨兎アーツェット | 2009/11/29 22:34

こんばんわ^^

>巨兎アーツェットさん
今日買って読みましたけど、予想外でした(泣
酷すぎます。

食いしん坊万歳!が延々続いてます。
他の県もこうなんでしょうか?

投稿: ピア | 2009/11/30 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味んぼ「和歌山編」、これは読んでみたいかも♪:

« え?ドバイショックって自爆民主党が起こしたんじゃないの? | トップページ | 毎日新聞って在日通名報道だけじゃなく、TBS隠匿報道もするのか? »