« 準備万端♪ | トップページ | ゴジラ、どこまで暴れるのか? »

2009/11/01

負けは負けだけど、よく踏ん張ったと思います

特に東野、素晴らしかったですね♪
Yomiuri Giants Official Web Site:11月1日 対日本ハム2回戦・札幌ドーム 第2戦はダルビッシュに屈する 1勝1敗に

Yomiuri Giants Official Web Site:11月1日 対日本ハム2回戦・札幌ドーム 第2戦はダルビッシュに屈する 1勝1敗に

 巨人が先勝し迎えた日本シリーズ第2戦。ホームで連敗を避けたい日本ハムは戦列を離れていたダルビッシュが9月20日以来の実戦登板。巨人は、その右腕に交流戦で投げ勝った内海をマウンドに送る。本調子には見えないダルビッシュは6回2失点の気迫のピッチング。反対に内海は三回に4点を失いマウンドを降りる。試合終盤は日本ハムに継投で逃げ切られ、対戦成績を1勝1敗の五分とされた。

 先発・内海は初回、二死から稲葉、高橋に連続ヒットを許し、一、三塁とピンチを招くが、当たっているスレッジを空振り三振に仕留める。二回にも糸井に右翼にヒットを打たれると、送りバントで二塁に進められるが、ここも金子誠を空振り三振に取る。

 巨人は二回、先頭のラミレスが右翼線に2ベースヒット。しかし続く亀井、谷が空振り三振。阿部は遊撃ゴロに倒れる。三回には先頭のイ・スンヨプが右翼にヒットを放って出塁するが、二盗に失敗しチャンスをつぶす。

 辛くもピンチをしのいでいた内海が三回につかまる。二死から稲葉の先制ソロホームランなど5連打で4点を失い、マウンドを東野に譲る。東野は鶴岡を空振り三振に仕留め、切り抜ける。

 巨人はすぐさま反撃。直後の四回、二死からラミレスがヒットで出塁すると、亀井が左翼に1号2ランホームランを放ち2点を返す。

 五回も二死から古城、坂本、松本が続けて中堅に3連打とダルビッシュを攻め、満塁と絶好のチャンス。しかしダルビッシュの気迫が勝り、小笠原は空振り三振に倒れる。

 一方、東野は四回、田中を四球で出すと、森本の内野安打で一死一、二塁とされるが、稲葉を中堅フライ、高橋を空振り三振に取る。五回は4番から始まる好打順も、スレッジを遊撃ゴロ、小谷野、糸井を空振り三振に仕留めるなど調子を上げる。六回にも田中のヒットなどで一死一、二塁とされるが、森本をピッチャーゴロから併殺に取るなど落ち着いたプレーでピンチをしのぐ。

 七回から日本ハムのマウンドは2番手の宮西に代わるが、阿部から始まる巨人打線は三者凡退。八回も1番から始まる好打順で迎えたが、ここも3番手の金森に三者凡退に打ち取られ、攻撃の糸口を見つけられず。

 巨人のマウンドには七回から3番手の豊田が登板。スレッジを四球で出すが、クリーンアップを無得点で乗り切る。後を受けた木村正、金刃も無失点で抑え、味方の反撃を待つ。

 しかし九回、相手守護神・武田久の前に、亀井が右翼にヒットを放って意地を見せるも、谷、阿部が倒れ、2対4で2戦目を落とした。


今日は内海だけが打たれていましたけど、もったいなかったのがスレッジへの投球ですよね。あのタイムリーの球はネ申はボールの要求だったように思います。そこが甘くストライクに入ってタイムリー。もったいない。

もったいないといえば2アウト満塁のガッツ。最大の見せ場でした。残念な結果にはなりましたけど、これからも見せ場を作って欲しいと思います。

残念といえば孤高のネ申のヒットのあとの古城の打席ですよね。何が起こったのかはわかりませんけど、あんなふうな中途半端なプレーが出るようでは、維新は無理ですからそこんとこよろしく。

( ´ー`)y―┛~~

1-1の対戦成績で本拠地に帰って来れますから有利といえば有利ですが、心して行かないと!

友人のお陰で11/4の参戦は決定しました。王手がかけられるように頑張ります!
 


↓日本シリーズらしい対戦だ(汗と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 準備万端♪ | トップページ | ゴジラ、どこまで暴れるのか? »

ジャイアンツ2009」カテゴリの記事

コメント

ダルは故障のおかげもあってか
力の抜けた良い投球をしてましたね。
ある意味で新たに投球の幅が広がったかも。
去年の岸にしても、スローカーブにはてこづりますね。
次の登板があったときには打ち崩してもらいたいです。

あと、中継ぎ陣が登板できたのは収穫だと思いますね。
それぞれ、無失点で切り抜けてくれてるし。
良い調整になったはずなんで
3戦目以降、安心して任せられるかも。
内海選手がねぇ・・・。
来年は頑張ってくれとしか言えないですね。
期待してたんですけど・・・。

4日、僕らの分まで大きな声で応援よろしくお願いしますね。

投稿: HILOVINSON | 2009/11/02 18:56

こんばんわ^^

>HILOVINSONさん
ども♪

おっしゃるとおり、ダルは新たなステージに
登ったような印象があります。
オニニカナボォかもしれません。

>中継ぎ陣調整登板!
そうです!無失点ですしね。
特に東野は素晴らしかったですよね!

>4日は任せた!
合点承知!

投稿: ピア | 2009/11/02 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けは負けだけど、よく踏ん張ったと思います:

» Re-challenG-奪回への再挑戦-#178〜守備力、救援陣の強さを見せつけた試合〜 [桑田佳三郎ショウ]
3回の4失点、これはすべて2アウトからの失点。 先発のウツミは2アウトということで油断の投球をしちゃったのですかね。 さすがに繋ぎに定評のある日ハム相手に2アウトからの投球に油断は厳禁ですよ。 こんなピッチングされちゃ、後に野手の攻撃の士気に影響するよ。 でも....... [続きを読む]

受信: 2009/11/01 22:43

» ダルビッシュ投手の技巧的ピッチングでタイに [FREE TIME]
2009年日本シリーズ第2戦。 北海道日本ハムファイターズvs読売ジャイアンツの対戦は、今日も札幌ドームで行われました。 [続きを読む]

受信: 2009/11/01 23:14

» 強行登板・ダルビッシュ、粘りの6回2失点! 日本ハム、怒濤の5連打で1勝1敗! [ANQ Ritzberry Fields]
◆F4−2G◆ 一時は日本シリーズの登板も絶望視されていたダルビッシュが強行先発登板。コンディションが万全でない中での投球が不安視されながらも、緩いボールを積極的に使っていく技の投球で巨人打線を翻弄。日本ハムは3回二死走者なしから稲葉の先制アーチを皮切り...... [続きを読む]

受信: 2009/11/01 23:20

« 準備万端♪ | トップページ | ゴジラ、どこまで暴れるのか? »