« 二日連続の飲み会は果たして? | トップページ | 「錯誤」は本当だったんでしょうけど、錯誤のしかたが・・・ »

2009/11/14

オヤジの星、故郷に帰るのか?

よかったですが、よくなかったです・・・
工藤、西武入りへ!背番「47」は辞退 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

工藤、西武入りへ!背番「47」は辞退 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

2009.11.14 05:05

 横浜から戦力外通告を受け、国内他球団での現役続行を希望していた工藤公康投手(46)の移籍先が、西武に決定したことが13日、明らかになった。この日、横浜市内でサンケイスポーツの取材に応じた工藤は「西武にお世話になることに決めました」と明言。愛着のある背番号「47」を固辞する考えを明らかにするなど、16年ぶりの原点回帰への思いを語った。

 16年ぶりに“西武・工藤”が復活する。現役最年長左腕が、古巣のユニホームに袖を通す決断を下した。

 「家族会議もして、西武にお世話になることに決めました。29年目となる来年も現役生活を送ることができるようになり、自分を評価してくださった球団に、感謝の気持ちでいっぱいです」

 前日12日、横浜市内で西武の前田球団本部長と会談。黄金期を支えた功労を高く評価してもらえた。楽天も獲得に名乗りを上げていたが、この日夜、西武への復帰を決断。かつては左右のエースとしてしのぎを削った渡辺監督を、今度は現場からサポートする。

 さらに、注目の背番号についても言及。工藤の代名詞とも言える背番号47は、ダイエーに移籍した直後の1995、96年の2年間を除いた26シーズンで背負い続けてきた。しかし「もうその番号のことは、忘れました」と固辞する考えを明かした。

 現在は西武の「47」は帆足が背負っている。帆足も同じ左腕として工藤にあこがれ、この番号を付けている。工藤が復帰する場合は快く返上する考えを示していた。

 しかし帆足の発言を報道で知った工藤は、その“好意”が逆に心苦しかったという。自分が移籍することで、周囲に気を使わせる事態を極力避けたいとの思いから、空き番号の中から新背番号を選択することにした。

 「自分で現役続行を決め移籍先を探してきたので、精いっぱい恩返しがしたいです」と、再スタート地点に立った224勝左腕。背番号も新たに、現役最年長としての熱いドラマをつづり続ける。


工藤さんとしては現役続行の思いが成就できて素晴らしいことですが、Gファンとしては少々残念。将来のコーチという流れのなかで獲得してもよかったと思うんですけどね。

しかし「もうその番号のことは、忘れました」と固辞する考えを明かした。

これも工藤さんらしいですね。もうお前達の時代になったんだからそんなに俺のことを気にするな、というところでしょうか。

さて、嬉しいことばかりではなく現実を見ればですね、果たして1軍に登録されるのか?とか、果たして先発できるのか?とか、果たして勝利は?とか。思いとしては先発で勝利して欲しいのですが、果たして・・・。
 


↓中継ぎではないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 二日連続の飲み会は果たして? | トップページ | 「錯誤」は本当だったんでしょうけど、錯誤のしかたが・・・ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オヤジの星、故郷に帰るのか?:

» 自分で限界を決めない男・工藤公康 [にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ]
俳優の森繁久彌さんが96歳で逝去されたそうです。 日本を代表する名優さんでしたね。 ご冥福をお祈りします。 今日は関西地方が大雨ということで、プロ野球チームを戦力外になった選手が再テストを行う『12球団合同トライアウト』が甲子園球場の室内練習場で行われた..... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 14:58

« 二日連続の飲み会は果たして? | トップページ | 「錯誤」は本当だったんでしょうけど、錯誤のしかたが・・・ »