« トヨタ労組、民主党にスブスブだったのか? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】国民が判断することだ »

2009/10/01

天空高く舞う鷲、どこまで高く飛ぶのか?

2位に浮上は予想外です
楽天、二死からの逆転劇!ついに鷹抜き2位浮上 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

楽天、二死からの逆転劇!ついに鷹抜き2位浮上 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

2009.10.1 21:02

 (パ・リーグ、楽天5-4ソフトバンク、23回戦、楽天13勝10敗、1日、Kスタ宮城)楽天のビールかけも現実味を帯びてくるような逆転劇だった。楽天は2点をリードされた七回二死1、2塁から草野、リンデンの連続適時打で一挙3点を挙げ逆転に成功。最後は福盛が走者を出しながらもきっちりと締め、ついに0.5ゲーム差だったソフトバンクを抜き4カ月ぶりに2位に躍り出た。4位西武がロッテにサヨナラで勝利し、クライマックスシリーズ(CS)へのマジックナンバーは一つ減って「2」。最短での決定は3日となった。

 野村監督から、衝撃の告白があった。試合前のベンチでのことだ。

 「ビールかけってさ、南海が最初じゃない? 巨人に勝った年の祝勝会でいきなりやっちゃってさ、旅館の畳の上で…。旅館にめちゃくちゃ怒られたんだよなあ」

 1959年(昭和34年)の日本シリーズで、南海は巨人に4連勝。野村監督がONと初めて激突し、エース杉浦が4連投4連勝。「涙の御堂筋パレード」で有名になったシリーズだ。日本一達成後、旅館で開かれた祝勝会でシャンパンファイトさながら、ビールかけが始まったというのだ。

 「スタンカも突然やり出したことがあったな」と野村監督の思い出は続いた。スタンカは60年入団だから、61年のリーグ優勝か64年の日本一。いずれにしてもビールかけは南海の伝統となり、日本球界に波及していったとみられる。

 「3位になったくらいじゃ、ビールかけはできんやろ。3位でも日本シリーズが決まったらやるのか…。ふーん、それならひょっとするかもよ」

 起源が59年なら、2009年の今季はなんと『ビールかけ50周年』のメモリアルイヤー。日本初のビールかけに参加した野村が、今度は楽天で美酒を浴びるようなことになれば…。

 球団では、もし日本シリーズに出場して本拠地胴上げとなった場合、Kスタ宮城の関係者駐車場に暖房完備のテントを特設してビールかけを行うことを想定している。いまはまだ気が早い話だが、一歩ずつ、一戦ずつ勝利を重ねていけば、夢のような結末が待っているかもしれない。


凄いなぁ。凄いよ。

CSはほぼ確実だと思いますけど、ここまで来たら絶対にパリーグ優勝をかっさらってください。

なんといか、感慨深いものがあります。思えば、ブログ当初一番TBが多かった記事が楽天の田尾監督の解任の記事でした。

ピア 徒然見聞録: こりゃぁいくらなんでも可哀相だ

こんなところから4年でここまで。戦力が整備されてきたとは言え、なかなかねぇ。ノムサンは今年で勇退というのが規定路線なんでしょうが、CS進出&パリーグ優勝なんてことになったらまた変わるでしょうね♪
 


↓目指せ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« トヨタ労組、民主党にスブスブだったのか? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】国民が判断することだ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天空高く舞う鷲、どこまで高く飛ぶのか?:

« トヨタ労組、民主党にスブスブだったのか? | トップページ | 【政治家はこうでなくっちゃ】国民が判断することだ »