« うーーん、確かに先発の数はそろっていますけど | トップページ | あれ?官僚の答弁や会見は禁止なんじゃなかったっけ? »

2009/10/28

韓国船衝突事故、こちら読売のソースが出ました

言い逃れは出来ないようですねw
韓国船船長「前の船追い越そうと護衛艦と衝突」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

韓国船船長「前の船追い越そうと護衛艦と衝突」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 関門海峡で27日夜、海上自衛隊の護衛艦「くらま」(艦長・柏原正俊1佐)と韓国のコンテナ船「カリナ・スター」が衝突した事故で、海上保安庁の運用管制官がコンテナ船に前の船舶を追い越すよう指示を出し、その後、コンテナ船が追い越しをしている最中にくらまと衝突していたことが分かった。




 また、第7管区海上保安本部(北九州市)は、業務上過失往来危険容疑などで両船の捜索令状を取り、28日午前から捜索を始めた。

 コンテナ船「カリナ・スター」の運航会社である東暎海運(本社・ソウル)の担当者は28日、「船長からは、前の船を追い越そうとした際、(関門海峡の)航行管制所から、(通常取るべき航路の)右側でなく左側から追い越すよう指示され、左側から追い越そうとした最中に衝突した、との報告を受けている」と話した。

 関門海峡を通行する船舶への情報提供などは、海上保安庁の関門海峡海上交通センターが行っている。海保幹部は「センターの運用管制官が、指示を出したのは事実だが、それが適切だったかどうかは現在、確認中だ」と話した。

 防衛省や海保によると、現場は東から西に向かって緩やかな潮流があり、コンテナ船が左に出た際に、潮流の影響で戻りきれず、右船首部分が前から来たくらまと衝突した可能性があるという。コンテナ船は右舷の船首から5~6メートルの場所に大きな損傷があった。

 一方、くらまの柏原艦長は、衝突直前に海保から「民間船が近づいている」との連絡を受け、艦首付近の隊員に退避命令を出していた。柏原艦長は「停止のために逆進をかけたが間に合わなかった」と話しているという。北沢防衛相が28日の会見で明らかにした。

 くらまは事故当時、乗組員ほぼ全員が配置につく「総員配置」で、甲板上などにも10人以上の見張り員が配置されていた。

 くらまは事故から10時間以上経過した28日午前6時30分ごろに鎮火したが、乗員1人が足に軽い裂傷を負い、ほかにも5人が煙を吸うなどの軽症。7管は、くらまやコンテナ船の乗組員から詳しく話を聞き、事故の原因などについて調べる。

(2009年10月28日12時14分 読売新聞)


( ´ー`)y―┛~~

地元のニュース報道では、海保は航行中の船舶の情報を連携することはあるが、どうしろこうしろという 指示 は出さないってことらしいですけど。

まぁ、管制のことですから録音くらい残っているでしょうから、それを確認すれば一発ですけどね。一点心配なのは、この管制からの情報を受けた人が日本語大丈夫だったのかな?ということ。もしかして海上の管制も空と同じように英語なのかな?

それだとしても、大丈夫かな?という印象はぬぐえませんけどねw

で、この件に関して早速鳩山首相や防衛大臣が謝罪をしていますけど、まだどちらがどうだということは分かっていないんですから、そういうタイミングで謝罪するのは行き過ぎているように感じます。まぁ、謝罪の内容は「お騒がせした、ご迷惑をかけた」という抑えた内容ですからまだいいんですけどね。

で、実際の航跡はこのような感じなのでしょうか?




最後の舵は一体どういうことなのでしょうか?

万が一海保が追い越し指示をしたとして、それは=護衛艦に衝突しろという指示でないことは明白ですが。

ということで、海保の会見情報が出てきました。
FNNニュース:護衛艦「くらま」衝突事故 韓国海運会社「管制から指示受けた」 海保「指示しない」

FNNニュース: 護衛艦「くらま」衝突事故 韓国海運会社「管制から指示受けた」 海保「指示しない」

福岡・北九州市沖の関門海峡で起きた護衛艦とコンテナ船の衝突事故で、コンテナ船を所有する韓国の海運会社は「管制室から左を追い越せと指示を受けた」としているが、海上保安庁は「指示はしない」と会見で説明した。

事故があった本州と九州をつなぐ関門橋について、地元の漁師は「潮の流れが速いうえに狭い。船が通る距離は、300メートルくらいじゃないかと思う」と語った。

27日午後8時ごろ、護衛艦「くらま」と韓国籍のコンテナ船「カリナスター」が衝突した。 共に炎上し、護衛艦の乗組員6人が軽傷を負った。 関門海峡は1日におよそ600隻が行き交う。 現場付近は、船が航行できる海路の幅が600メートルほどに狭まり、潮の流れも速い「早鞆(はやとも)の瀬戸」と呼ばれる難所。

今回の事故について、地元の漁師は「右側に当たるのがおかしい。(右側通航で)右側に当たるのが合点がいかない」と語った。

海路は、基本的に右側通行・右側回避が原則。 ところが、コンテナ船は、現場の狭い航路内で、前を走っていた別の船を追い越そうと左にかじを切り、対抗してきた護衛艦に衝突した可能性が高いとみられている。

コンテナ船を所有する韓国の「南星海運」は、「関門管制室から、左側を追い越せとの指示を受けて、進路を変更していく途中に事故が起きたと聞いている」とコメントした。

この件について、海上保安庁は午後4時半すぎ、会見で「指示という行為は、海上交通センターでは行いません。あくまでも情報提供。最終的に追い越しを行うか否かは、船長が周囲の状況を見て、安全を確認したうえで判断する」と語った。

午前に行われた現場検証では、焼けたコンテナ船の右側部分から、むき出しとなったボンベが見えた。
海上保安庁は会見で「今、まさに捜査の真っ最中ですので、状況が整いましたら、なるべく早く説明したい」と語った。

(10/28 18:47 テレビ西日本)


右側航行右側回避が原則か。

ということは、紹介した航跡の写真はまったくおかしいんですよね。だって衝突の直前も韓国船は左に舵を取っていますからね。

さて、韓国船が悪かったとして賠償金はどれくらい取れるんでしょう?

くらま (護衛艦) - Wikipedia desc

退役間近ということですから、そうダメージはないと考えていいでしょうけど、アラブ商人程度は吹っかけても問題ないですよね?
 


↓インドのタンカーの船長はどうなったんだろう?と思い出した人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« うーーん、確かに先発の数はそろっていますけど | トップページ | あれ?官僚の答弁や会見は禁止なんじゃなかったっけ? »

ニュース」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国船衝突事故、こちら読売のソースが出ました:

« うーーん、確かに先発の数はそろっていますけど | トップページ | あれ?官僚の答弁や会見は禁止なんじゃなかったっけ? »