« auは血迷ったのか? | トップページ | 鳩の昼食って、豆鉄砲じゃないの? »

2009/09/09

そもそも広告というものの存在意義が問われているのでは?

やったとしても、果たしてマスメディアで大金はたいてすることですか?という面も大いにあるでしょう
放送業界、初の赤字転落=09年3月期-総務省調べ(時事通信) - Yahoo!ニュース

放送業界、初の赤字転落=09年3月期-総務省調べ(時事通信) - Yahoo!ニュース

9月9日20時2分配信 時事通信

 総務省が9日発表した国内放送事業者の2009年3月期収支状況によると、地上波テレビ・ラジオ局計195社全体の純損益は212億1900万円の赤字だった。前年度は620億4200万円の黒字だった。赤字転落は資料上確認できる1976年3月期以来初めて。

 195社中、純損益が赤字だったのは半数以上の107社で、前年度の64社から大幅に増えた。

 同省は「広告費の減少傾向が続いており、経営に影響を与えている」と分析している。 

最終更新:9月9日21時53分


放送業界が赤字ということは、広告代理店も少なからず影響は受けているはず
電通、純損失204億円 1902年度以来の赤字 - 47NEWS(よんななニュース)

電通、純損失204億円 1902年度以来の赤字 - 47NEWS(よんななニュース)

 大手広告代理店の電通が11日発表した2009年3月期連結決算は、広告受注の低迷や株価下落の影響で、純損益が204億円の赤字に転落した。赤字決算は01年の株式上場後初めてで、創業期の1902年度以来となる。

 売上高は前期比8・3%減の1兆8871億円、営業利益は23・1%減の431億円。

 不況で企業がコスト削減を進め、特に金融、自動車、小売業などからの受注が急減。新聞は前期比19・2%減、雑誌が14・2%減、テレビも5・6%減と主要媒体が落ち込んだ。株価下落で有価証券評価損は511億円に膨らんだ。

 景気情勢が不透明なことから、10年3月期の売上高は13・4%減、営業利益は63・4%の大幅減を見込んでいる。

2009/05/11 22:37 【共同通信】


TVの落ち込みは意外に少ないですね。ということは・・・、他の媒体は推して知るべしなんでしょうか。まぁ電通の状況がすべてではないとしても、最大手ですからねぇ。

製造業は無駄なお金をカットすることはいいんですが、是非従業員への賃金も見直して欲しいですね。ここ数年業績は上がっても待遇は改善されていないどころか悪化する一方ですから。

会社は誰のもの?ということです。

役員のもの?社長のもの?株主のもの?政府のもの?アメリカのもの?お客様のもの?
 


↓残るは明白だよな!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« auは血迷ったのか? | トップページ | 鳩の昼食って、豆鉄砲じゃないの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/46168125

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも広告というものの存在意義が問われているのでは?:

« auは血迷ったのか? | トップページ | 鳩の昼食って、豆鉄砲じゃないの? »