« 海ほたる | トップページ | これは災難の一言では済まされない・・・ »

2009/08/17

納涼秘境めぐりの旅はいかが?

こういう旅もいいかもしれませんねぇ♪
asahi.com(朝日新聞社):なんにもないなんにもない…飯田線・秘境駅の旅いかが - 社会

asahi.com(朝日新聞社):なんにもないなんにもない…飯田線・秘境駅の旅いかが - 社会

2009年8月16日20時35分

 愛知県から静岡、長野両県へと向かうJR飯田線が、「秘境駅」の宝庫として静かな人気を集めている。商店どころか民家もなく、中には自動車で近づくことすらできない、常識を覆す駅たちだ。そんな駅をはるばる訪ねる人がいれば、駅を守る住民もいる。この夏、身近な「別世界」に足を踏み入れてみてはどうだろう。

 豊橋を発車して約1時間半。静岡との県境に近づくと、車窓から見えるのはクリームがかった緑の天竜川と、生い茂る木々ばかりだ。まばらに座る乗客は、駅に着くと自分でドアを開けて乗り降りする。

 さらに約40分。愛知、静岡、長野3県境にある小和田(こわだ)に着いた。皇太子妃雅子さまの旧姓と同じ字を書くとあって、成婚時には観光客が詰めかけた。あれから16年。駅前にある人工物は、廃屋と「愛」と書かれた2人がけのイスぐらいだ。初めて訪れたという東京都渋谷区の会社員、鴫原(しぎはら)規雄さん(46)は「本当に何もないですね」とうれしそう。「東京は人が多くて列車も満員。日常とかけ離れた所に行くことが旅だと思うんです」

 ダム湖沿いに山道を約20分歩くと、1軒の民家が見えた。宮下繁江さん(83)は夫と暮らしながら、駅の掃除もしている。「秘境駅」と言われることに、「それは秘境なんだからしょうがないよ」と一笑する。「見るものは何もないんだけど、2度3度と来る人もいるよ」という。

 天竜川沿いは尾鷲(三重県)や吉野(奈良県)と並ぶ「3大人工美林」として知られ、飯田線もかつて林産品を輸送していた。しかし、60年代以降は輸入材に押され、過疎化が進む。水力発電のため56年に造られた佐久間ダムでは、一部の集落が水没し、小和田などの駅が残された。


豊橋あたりに車を停めて、電車で(多分)一日の旅を楽しむってのもいいかもしれませんね。秋も紅葉がきれいかも♪

東京は人が多くて列車も満員。日常とかけ離れた所に行くことが旅だと思うんです

旅の定義は人それぞれだとは思いますが、東京は人が多すぎるってのは同意ですね。息抜きにぼーっとできるところに行きたいというのは、日ごろのストレスを発散するための自然な反応なのかもしれません。

中には自動車で近づくことすらできない、常識を覆す駅たちだ

いや、逆に今の駅ってどこに行っても同じような景色で面白くないってのはないですか?バスのロータリーがあって駅ビルがあってパチンコがあって・・・

日常生活ならそれでもいいんですが(パチンコはなくなれ!って思いますけどw)、いざ旅行となればねぇ・・・。降り立った瞬間にその記憶が冷凍保存されるような、そんな駅のほうがいいでしょう♪

秘境駅へ行こう!

まだまだあるようですね♪やっぱり北海道が多いですかね。
 


↓さすがに東京はないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 海ほたる | トップページ | これは災難の一言では済まされない・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納涼秘境めぐりの旅はいかが?:

« 海ほたる | トップページ | これは災難の一言では済まされない・・・ »