« 在日が言う生活基盤って、もしかして生活保護のことですか? | トップページ | 今年も筑波の季節がやってまいりました 番外編 »

2009/08/30

今年も筑波の季節がやってまいりました 登山編

まぁ、季節はどうでもいいんですが今年も恒例の友と、そして私の息子も飛び入りして都合3名で行ってきました。

去年の登山はこちら

筑波の山は天下の険♪ Part1
筑波の山は天下の険♪ Part2
筑波の山は天下の険♪ Part3
編 ピア 徒然見聞録: 筑波の山は天下の険♪ 番外編

8時に集合して筑波山神社近くに着いたのが10:30くらい。今年は第3駐車場ではなく、神社近くのお店の駐車場に停めました。1回500円ということで、なかなか良心的。おばさんには「帰りお風呂の割引券もあるよ♪」と声をかけてもらいました。でも、お風呂に入ったら帰れなくなりそうで怖いっすw

神社へ足を進めると去年同様「ガマの油」売り実演?がやってました。

いつもの風景のようですが、今年は境内にこんなものができていました。

P1090395

天皇陛下在位20年記念ということです。神社ならではですね。山頂にも同様のものがありました。

で、ケーブルカーの駅を横目に見つつ、健脚コースの御幸が原コースに入ります。息子と賭けをしていまして、もし俺たちを周回遅れにして頂上までいけたら、2000円以内のガンプラをひとつ買ってやると。去年の登山は約3時間かかっていますから、1回当たり1時間半。のぼりに1時間、くだりに30分でなんとかですけどw

息子はやる気マンマンで先行し、おじさん二人ははぁはぁな登山となりました。ごつごつしていて歩きにくいし、なんと言っても最後のほうの微妙に段差が低い階段状の登山道には辟易。しかし、自然が一杯の環境は変わりませんので、リフレッシュには最高です。行き交う人たちとも挨拶を交わしたりして、そういう面でも気持ちがいいです。

P1090397
 


P1090418
 


しっかしこの時期はアブが多いですね。私はそうでもないんですが、友と息子にはしょっちゅうたかっていました。

で、息子はというと1時間足らずで上ってしまい、ひとまず私たちのところに下ってくるということになり、息子はどうも腹の調子が悪いって事で、合流してまた上ることになりました。合流チタンからでも結局上の御幸が原には1時間かかりました。

頂上についてまず腹ごしらえ。「たがみ」さんという休憩所でつくばうどんを食べました。これがうまいことうまいこと。出汁が最高です。ここはもつ煮込み系のメニューもありましたので冬は最高でしょうね。

さて、老体に鞭打ちながら女体山を目指し、程なく頂上へ到着。

絶景ですねぇ。これがあるから登山ってやめられませんよね。

P1090455

しばし絶景を楽しみ下山することにしましたが、ここで再度賭けを。老人たちはケーブルカーで下山。若者はケーブルカーの出発時刻より20分早く下山開始。これでケーブルカーよりも早く下山できればガンプラゲット!というやつです。ケーブルカーの所要時間は10分なので合計30分。標準時間が70分ですからよほど早く行かないと無理なペースですがw

で、友としばし文明の力を堪能して宮脇駅の休憩コーナーに行き「さて今どこら辺かな?電話してみるかw」と思い携帯を取り出してふと横を見ると、なんとなんと息子がこちらに向かってくる!!!話を聞くと数分前に既に待ち合わせ場所に来ていたとかwww

文明完敗www

ほとんど走って降りてきたとのことです。それ、危ないから。っていうか、それをけしかけたのは俺かw

参りました orz

ということで若いって素晴らしい!を痛感させられた一日でした。老兵は無理をせず、ただ歩むのみにしておこうとも思いましたw

( ´ー`)y―┛~~

番外編に続く m9っ`Д´)
 


↓今年は記事短いねwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 在日が言う生活基盤って、もしかして生活保護のことですか? | トップページ | 今年も筑波の季節がやってまいりました 番外編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も筑波の季節がやってまいりました 登山編:

« 在日が言う生活基盤って、もしかして生活保護のことですか? | トップページ | 今年も筑波の季節がやってまいりました 番外編 »