« ニセモノに命をかけてるんだろうなw | トップページ | なんというか、これぞ斜め上なんでしょうかw »

2009/07/04

銚子電鉄、車両オーナーに一口10万円

それよりもびっくりしたことが記事にあります・・・
銚電「車両オーナー」募集 : 千葉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

銚電「車両オーナー」募集 : 千葉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 銚子市の観光鉄道「銚子電鉄」は、老朽化した車両の更新費用を確保するため、車両支援オーナー制度や車両に愛称をつける命名権の導入を決めた。今月中旬から申し込みを受け付ける。

 同社によると、車両6両のうち、4両は1942、50年の製造で更新が必要となり、愛媛県松山市の伊予鉄道で使用されていた車両4両を約1億円で購入することになった。


老朽化に伴い更新される予定の車両

 車両支援オーナー制度は、車両費のうち、2000万円を債券化し、1口10万円で200口のオーナーを募集する。オーナーには、1口あたり1年間有効の全線乗車優待券を最高10年間分発行する。

 愛称命名権では、車両が2編成あるため、二つの愛称を募集し、売却する。金額は1編成あたり300万円。愛称は廃車になるまで使用される。市民、有識者などが審査し、決定する。車両に愛称プレートを付け、命名者にも贈られる。応募資格は個人、法人を問わない。

 同社の向後功作・鉄道部次長は「今度は廃車車両の部品のオークションなども行いたい」と、新たな資金調達策を検討中だ。

 同社の2008年度末決算では、鉄道収入1億5000万円に対し、ぬれせんべい、たい焼きなどの副業収入が4億1000万円にに上った。

 ただ、安全設備対策工事費や鉄道部門の赤字損失があり、純利益は9万9000円にとどまり、厳しい経営が続いている。

 問い合わせは銚子電鉄(0479・22・0316)へ。

(2009年7月4日 読売新聞)


4両は1942、50年の製造

1942年って言ったら、真珠湾攻撃の次の年じゃないの?そんな年にも電車が製造されていたんですね。意外でした。まぁ、すべてが戦争のための武器製造に使われていたというわけではないでしょうけど、千葉の端っこの路線の車両を作っていたとは・・・。当時は主要路線だったんでしょうか。

銚子電気鉄道 - Wikipedia

なんだ、大正時代にも廃線になってるくらい当時から不振だったのね・・・。
 


↓利益が出てるんだなぁ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ニセモノに命をかけてるんだろうなw | トップページ | なんというか、これぞ斜め上なんでしょうかw »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/45533081

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄、車両オーナーに一口10万円:

« ニセモノに命をかけてるんだろうなw | トップページ | なんというか、これぞ斜め上なんでしょうかw »