« トルコ政府のような政府が世界中にありますように願わずにはいられません | トップページ | ハンファ・ジャパンって商品企画は面白いのかね? »

2009/07/13

そういえば最近音楽聴いてないなぁ

車かカラオケボックスでしか聴いていませんねぇ・・・
asahi.com(朝日新聞社):聞いて納得 高級オーディオ、試聴でファン開拓 - ビジネス・経済

asahi.com(朝日新聞社):聞いて納得 高級オーディオ、試聴でファン開拓 - ビジネス・経済

2009年7月13日20時3分

 高級オーディオメーカーが「試聴」に力を入れている。スピーカー1本で数十万~数百万円もする世界だけに「まずはいい音に親しんでもらおう」との狙い。70年代のオーディオ文化を知る団塊世代に支えられ、国内の高級市場は不況の中でも堅調という。

 パイオニアは昨年11月、本社(東京都目黒区)にAV視聴室を開いた。昔の録音スタジオを改装。子会社のテクニカル・オーディオ・デバイセズ・ラボラトリーズの最高級スピーカーやアンプなど、計約1千万円の機器を備える。電話予約(03・3495・9911)すれば無料で1時間、好きなCDを聞ける。

 団塊世代の利用が多く、東京出張の機会に訪れる人も。音楽だけでなく、機関車の走行音のCDを持参して聞く人もいるという。

 ケンウッドのショールーム(東京都千代田区)では平日の昼間などにCDコンサートを開いている。2年前に試聴室をガラス張りに改装し、高級オーディオセット「ESULE」(約30万円)を設置。担当者は「音に集中できる環境作りが大切。試聴後にCDやオーディオを買う人もいるし、お客さんの意見を商品開発に役立てられる」という。

 業界によると、高級オーディオは欧米では不況の影響で不振だが、国内の売り上げは、前年並みかやや増える見通し。「大画面のホームシアターの普及で、音にこだわる人が増えている」(日本オーディオ協会)という。(堀内京子)


電話予約(03・3495・9911)すれば無料で1時間、好きなCDを聞ける


大きな地図で見る

これいいですね♪
予定が合えばですけど、出張のついでに・・・

ってか、仕事中はまずいかw

何度かブログに書きましたが、昔大阪の日本橋によく通っていた時期があって、そこで試聴をしていたときに「ん?なんで電気屋さんでライブやってんの?」って感じたことがありました。ドラムを少しやっていたのでドラムの音で感じたんですけど、そこ(今は昔のニノミヤムセン)にはもちろんライブなんかやっていなくて、ちょっとした家具くらいの大きさの

JBLのスピーカー

があったんですよ。いい音で鳴ってました。特に感じたのはスネアでもバスタムでもなくて、ハイハットの音。特に半分閉じた状態で鳴っている音。凄くリアルでした。ボーカルはと言えば、顔の大きさがわかるような、そんなふうに「ポッ」と左右のスピーカーの間に浮かぶんですよねー。ハスキーな声も、張りのある声も。しかも小さな音でもバランスが変わらないんですよね。

でも狭いマンションではオーディオに凝るなんて夢のまた夢ですからねぇ。ドリームに賭けるかw
 


↓ドリームしかないかなぁーーーと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« トルコ政府のような政府が世界中にありますように願わずにはいられません | トップページ | ハンファ・ジャパンって商品企画は面白いのかね? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえば最近音楽聴いてないなぁ:

« トルコ政府のような政府が世界中にありますように願わずにはいられません | トップページ | ハンファ・ジャパンって商品企画は面白いのかね? »