« 現在の焼肉のスタイルはどこが起源なのでしょうか? | トップページ | 尊敬のかけらも無い記事ですな »

2009/05/31

どちらも一歩も引かず、交流戦初のサヨナラに

いい試合というか、なんか決定打が出ない便秘のような試合が続いていますねぇ
Yomiuri Giants Official Web Site:5月31日 対西 武2回戦・西武ドーム 古城のタイムリーで勝ち越すもサヨナラ負け

Yomiuri Giants Official Web Site:5月31日 対西 武2回戦・西武ドーム 古城のタイムリーで勝ち越すもサヨナラ負け

 西武ドームで行われた埼玉西武ライオンズとの2回戦。巨人は六回にラミレスが同点打、七回に古城が勝ち越し打を放つが、九回二死から追いつかれ延長戦となる。好機を逃した後に迎えた十回裏にサヨナラ打を許し、接戦を落とした。

 先発の東野は初回、三者連続三振と抜群の立ち上がりを見せ、力のあるストレートを軸に三回まで6つの三振を全て空振りでとる圧巻の投球。三回には初安打を許しピンチを招くが、後続を打ち取る。

 一方の打線は西武先発の岸に対し初回、坂本が二塁打を放ち得点圏に走者を進めるも無得点。四回にも小笠原、ラミレスの連打で一死二、三塁とするがここでもあと一本が出ず、なかなか先制点が奪えない。

 その裏、東野は一死三塁からタイムリーを打たれ先制点を献上する。さらに二死一、二塁とするが、この試合8つ目の三振で切り抜ける。続く五回も二死一、二塁とピンチを迎えるが、内野フライで打ち取り、追加点を許さない。

 巨人の反撃は六回。二死から小笠原が二塁打を放つと、打席にはラミレス。追い込まれながらも8球目を左翼に運び、小笠原が本塁へ。同点に追いつくと、続く亀井のヒットでラミレスが本塁突入。勝ち越しかと思われたが、ここは西武守備陣に阻まれアウトとなる。

 東野は六回途中、2つの四死球と味方の失策で二死満塁としたところで降板。2番手としてマウンドに上がった豊田はこの場面をしっかりと抑え、味方の勝ち越しを待つ。 

 七回、またも二死から工藤が右中間を破る打球で、俊足を生かし三塁を陥れる。このチャンスで今季初スタメンの古城が初安打となるタイムリー二塁打を放ち、巨人が勝ち越しに成功する。

 七回は越智、八回は山口が昨日に引き続きマウンドへ。連投ながらいずれも三者凡退に抑え相手打線に反撃の機会を与えない。しかし九回、クルーンが2アウトまでこぎつけるも土壇場でタイムリーを打たれ、2試合連続の延長戦となる。

 十回、先頭坂本のヒットを足がかりに二死満塁とするも阿部が倒れ無得点。その裏、2イニング目のマウンドに登ったクルーンが二死一、三塁からサヨナラ打を浴び、熱戦の決着がついた。


10回表はいけた!!!と思いましたがねぇ・・・。まぁ、その前にクルーンが抑えればという試合でしたが。逆に東野、越智、山口、豊田はナイスピッチングでした。クルーンだけの責任ではないし、クルーンは昨年40セーブを記録した最高のクローザーですしね、こんな日もあると納得しましょう。

がしかし、監督のコメントも少し怒っているようなオーラを感じますねw

さて、火曜日からは待望のマリン球場でロッテ戦です。6/3は参戦確定ですが、6/2をどうしようかと思案中。開幕戦負けてるしな・・・ orz
 


↓負けてこそ未来が開けることもある!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 現在の焼肉のスタイルはどこが起源なのでしょうか? | トップページ | 尊敬のかけらも無い記事ですな »

ジャイアンツ2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どちらも一歩も引かず、交流戦初のサヨナラに:

» 【巨人−西武】連日の延長戦は、クルーンと心中〜サヨナラ負け。(5月31日)  [子ソダチP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
巨人 2―3× 西武 2009年5月31日 あ〜ぁ・・・ 【 東野また報われず 】  東野は頑張ったんだけど、味方の2失策がいずれも失点のキッカケになるんだもの・・・。  東野って、「苦労」が取り憑くタイプなのかなぁ?  職場でも、比較的楽な部署を渡り歩いてスイスイ出世する人がいる一方で、ハードな部署ばかり回らされて”苦労”を引きずっている人がいるものね・・・。  「苦労」って癖になっちゃうんですよ。  今の東野は、完璧に苦労グセが憑いてる。 【 9回クルーン ... [続きを読む]

受信: 2009/05/31 21:00

« 現在の焼肉のスタイルはどこが起源なのでしょうか? | トップページ | 尊敬のかけらも無い記事ですな »