« そりゃ、誰だって戦争なんか嫌いだろう | トップページ | 日本国では日本人よりも外国人を優遇しないと憲法違反なの? »

2009/05/04

天皇陛下という単語を見て飛んでいきましたけど・・・

肩透かしもはなはだしい・・・
株式会社外部の専門家:「最後のパレード」回収に関して

余り知らない私が言うのもなんですが、この記事で流用疑惑の説明責任を果たしているというお考えなんでしょうか?

ありふれたエピソードだったのかもしれませんけど、その文章を盗用したらそれはそれでれっきとした流用なのでは?

それと、何の関係もないと思われる天皇陛下のお名前を出して・・・。こういうのを虎の威を借るというのではないでしょうか?(自分が持ってもいない)権威をかさに着て、「問題ないだろう?陛下も問題ないとおっしゃってくださるはずだ!」という思惑が見え見えのように感じます。

一部引用します
「最後のパレード」回収に関して

「最後のパレード」回収に関して

-- 前略 --

著作権者へも世間へも、私たちが両陛下の障がい者に対するお気持ちと同様な気持ちを伝えれば、間違いなく分かって頂ける、ディズニーランドでは「サービスの復旧」と言いますが、例え手続き上のミスがあったとしてもきっと許していただける、私はそう信じていました。

サンクチュアリ出版様との出版契約には、日本ユニセフへ総売り上げの3%を寄付することになっています。それでも私は、この本の印税収入から、私にしかできない「障がい者木工」の普及などに寄付等を惜しまないつもりでした。

(手前みそになりますが、東京都唯一の国宝である東村山市の正福寺の地蔵祭りも、私が知的障がい者施設への木工支援を行わなければ開催することはできませんでした。)

http://www.shoukoukai.or.jp/profile/jizoumaturi.html

このように、「最後のパレード」という書籍は、私が障害をお持ちの価値ある方々と深く関わってきたことにより誕生した本なのです。

障害をお持ちの方々のためにも、天皇、皇后両陛下を悲しませる結果になることだけは避けなければいけないと考えます。

これからも世間のバッシングに負けないよう説明責任を果たしていきます。

-- 後略 --


うーん、何度読み返しても今回の盗用騒ぎと天皇陛下の関係がまったくわかりません。

しかも、「著作権者」と書いているんですから他の誰かが著作権を持っていることは認識されているんですよね?そうであれば、謝って賠償などをすればいいだけなのではないかと思うんですが、この方はどうして関係がない天皇陛下のお名前まで出して、しかも今回の当事者は自分と著作権者・出版社なのに「天皇、皇后両陛下を悲しませることの無いように」という的外れな話を書き、「世間のバッシング」という表現を使っているんでしょうか?

私は盗用することが目的ではなく、障害者への支援をしたかったから他人の文章を集めて本を作って売って儲けて、その一部を支援に使おうと思っていたし、実際に契約はそうなっているっていうことを言いたいの?

そうならそうストレートに書いてくださったほうが、よく分かっていいんですけど。

世間のバッシング

バッシングということは、自分は悪くなくて世間・他人が悪いというお考えなのでしょうか?
 


↓3行で頼むwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« そりゃ、誰だって戦争なんか嫌いだろう | トップページ | 日本国では日本人よりも外国人を優遇しないと憲法違反なの? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下という単語を見て飛んでいきましたけど・・・:

« そりゃ、誰だって戦争なんか嫌いだろう | トップページ | 日本国では日本人よりも外国人を優遇しないと憲法違反なの? »