« 今日は映画の日♪ | トップページ | iPhone、圧勝なのか? »

2009/05/01

いやー、紀里谷監督のファンになってしまいそう♪

今日、映画の日ということで観にいったんですが、どうもこれといったものがなかったので先日お笑い番組のゲスト?に出てきていた江口さんの顔を思い出して「GOEMON」にしました。

GOEMON 2009年全国公開の紀里谷和明監督最新映画「GOEMON」のオフィシャルホームページ

まったく何の予備知識もなく観たんですが、めっちゃ面白かったですよ♪始まりは確かに天下の大泥棒的なシーンでしたけど、それがまた「つかみはOK!」ってな感じのシーンばかりで。いきなりの三成と才蔵も怪しげな感じでいい!

がしかし、話が進むうちに「なんだこれ?」「こんな映画なの?」「最新の史実を一部反映しちゃってるわけ?」「こんな設定もありなのか?」「うわ、天下布武がまっぷたつだよw」っていう感じでねぇ。いい意味で期待をまるっきり裏切られましたよ。

五右衛門の過去。
信長と五右衛門。
服部半蔵と才蔵・五右衛門の関係。
ねねと五右衛門。

途中、こんなに早く目的達成じゃだめだろーーー!!!っていう場面もありましたが、ご愛嬌でしたね。チェホンマンは嫌なやつでしたが、最後のやられっぷりは見事でしたね♪

うーん、しかし・・・、この登場人物の書かれっぷりは徹底していますね。

特に三成と秀吉の書かれ方は・・・。
それにくらべて信長のいい人っぷり・・・。まぁ、貧民街に「箱」を探しに行った場面ではちくりと言われていましたけど。

( ´ー`)y―┛~~

月並みな感想ですが、この映画のテーマは「平和」ですかね。回想で出てくる信長の言葉に「踊らされるな、踊れ」というのがありましたが、人に言われてどうこうではなく、自分は何をしたいのか?それが自由という立場ではないか?という意味が込められていたようにも感じました。秀吉を討つ前に秀吉が漏らした言葉、「もう逃げられんんぞ、運命からは」と言葉も、その後を暗示していましたね。

愛よりも自由に生きた五右衛門。最後も「絶景かな!」で終わっていい人生だったと思います。

( ´ー`)y―┛~~

しかし、造形といい、服装デザインといい、どの国のいつの時代のお話なのか一種曖昧な感じがして、少し暗くて粗い画作りとともに、いい味が出ていたと思います。CGはみえみえな場面が多くて、そんなによいとは思えませんでした。特に「日本にこんな風景の場所はないでしょ?」的な場面がちらほら。でも、蛍の場面はさすが!と思えるほど綺麗でしたよ。

最近観た映画の中では飛び切りの作品、特に脚本がよかった作品でした。こういうのがあるから、映画ってやめられないんですよね♪
 


↓で、どこまでネタバレ?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 今日は映画の日♪ | トップページ | iPhone、圧勝なのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も「GOEMON」を観ました。
荒唐無稽なストーリーでしたね。
お城は洋風、マゲがない、金庫をこじ開けるなど、観ている人の中には「いつの時代」と思った人は多かった筈(爆)
江口洋介もカッコ良かったですね。

投稿: FREE TIME | 2009/05/06 00:59

おはようございます^^

>FREE TIMEさん
>いつの時代かわからないw
でしたねぇ。
江戸末期にしかない、ガトリング砲?
まででちゃいましたしw

>マゲがない
そういやそうでした。
ウドちゃんも金髪のあの髪型で
出てましたしねw

>江口洋介
よかったですね。
でも、あの映画を外人が観たら絶対に
忍者を誤解しますね。
「スパイダーマン」クラスの超人と
思われちゃいます(爆

投稿: ピア | 2009/05/06 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやー、紀里谷監督のファンになってしまいそう♪:

» 映画「GOEMON」 [FREE TIME]
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009/05/06 00:59

» 映画「GOEMON」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組カンゴロンゴを連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・ それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 00:15

« 今日は映画の日♪ | トップページ | iPhone、圧勝なのか? »