« 幼子を二人殺しても無期という前例が確定しました | トップページ | 世界の機内食、エコノミーだとこのくらい »

2009/05/19

車1台が12億円とは豪勢ですなー

これも格差?
57年製テスタロッサに12億円…フェラーリ本社で競売 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

57年製テスタロッサに12億円…フェラーリ本社で競売 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【ローマ=松浦一樹】イタリア北部マラネッロで行われた高級スポーツカー、フェラーリの年代物中古車の競売で、1957年型「250TR(テスタロッサ)」が中古車市場では史上最高値の約900万ユーロ(約12億円)で落札された。




中古車市場で最高値の約900万ユーロで落札されたフェラーリの1957年型250TR=ロイター

 ロイター通信が18日報じた。

 250TRは50年代から60年代にかけて人気を集めたレーシングカー。競売に出品されたのは、57年から58年にかけて22台限定生産され、特に人気が高かった2人乗りオープンカーの一つで、黒塗り。

 フェラーリ本社で行われた競売の担当者は「各国から入札が殺到した」としているが、入札者と落札者の名はいずれも公表されなかった。

(2009年5月19日10時24分 読売新聞)


なんだ、テスタロッサっていうから、あの下品なデザインのヤツかと思って、そんなのに12億円も出すバカはどこのどいつだーいと思ったじゃないかw

この車なら欲しい人はいくらでも出すんじゃないですかね?ま、私にはこの車が12億円の価値があるのかは分かりませんけど、この年代から70年代くらいまでの車のデザインが好きですね。曲線がいいですよ。今の車も曲線が多く使われていますけど、それとは全然違いますよね。なんかこう、車が車として夢があった時代のデザインというか、なんとなく車にも性格があるような、そんな見え方があって、好きなんですよね。

日本車も昔のものが好きですね。セリカLBとかヨタハチとか、フェアレディの初代とか、もちろんピアッツァとかね♪
 


↓オジイサン趣味じゃないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 幼子を二人殺しても無期という前例が確定しました | トップページ | 世界の機内食、エコノミーだとこのくらい »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車1台が12億円とは豪勢ですなー:

« 幼子を二人殺しても無期という前例が確定しました | トップページ | 世界の機内食、エコノミーだとこのくらい »