« まぁ佐藤姓は多いからね、でもあの国なら・・・ | トップページ | 坂本がとは言うまい・・・、全員で勝ち取った引き分けだ♪ »

2009/04/12

「黒い手帖」、この本は絶対読みたいぞ!

「黒革の手帳」と一瞬間違えましたw
創価学会暴露本が話題に ココログニュース:@nifty

創価学会暴露本が話題に ココログニュース:@nifty

- 2009.04.10 18:01

2月に刊行された矢野絢也著『黒い手帖―創価学会「日本占領計画」の全記録』(講談社)。同書のもたらした波紋が、一部で広がっているようだ。ソーシャルニュースサイトにも同書に関する記事がピックアップされ、ネットユーザーの注目を集めている。

ソーシャルニュースサイト『newsing』にピックアップされていたのは、日本共産党・宮本たけし氏の記事。記事には、著者である矢野氏の訴訟問題や『黒い手帖』の内容、また、「『日本共産党と創価学会との合意についての協定』(創共協定)」についても書かれ、かなりディープな内容となっている。『黒い手帖』については、個人ブログにも様々な反応があり、同書を手に取った、読んだというブロガーのなかには、「書かれていることが事実とすれば、憲法上も問題」と内容に触れ、公明党と創価学会との関係、政教分離に関して問題意識を持つ人もいるようだ。他方、「『実話ナックルズ』のようなもの」と意味深な発言をしているブロガーもいた。

同書に記されたあまりにもセンセーショナルな内容。ここに書かれているのは真実なのか、はたまた…。

(秋井貴彦)


「書かれていることが事実とすれば、憲法上も問題」

事実でなければ必ず創価学会側が訴訟を起こすはず。2月に刊行されたのにそういうことがないってことは、まだ検討中なのかもしれませんけど、今のところ事実無根と言うことができない内容だということでしょう。

でも、事実でも名誉毀損ということで訴訟は出来るようですから、なぜしないのか?
 


名誉が毀損


されていない


からでしょうねw

 


皆さんも是非♪

気になるのは「宮本たけし」氏のブログですね。

創価学会「日本占領計画」の全記録…矢野絢也著「黒い手帖」を読む

ブログというか、公式ホームページの日記(まぁ、ブログですね・・・)の記事でした。

冒頭から「読ませたくない人が買い込んでいるのか?」とレッドゾーンの表現がw
最後の段では創価学会の池田氏を「麻原彰晃」になぞらえるなど、ここまで言って委員会状態です。

煮え湯を飲まされたという事実がそうさせるんでしょうね。

ますます読みたくなってしまいました。
 


↓20万部突破とか新聞に出てたね♪と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まぁ佐藤姓は多いからね、でもあの国なら・・・ | トップページ | 坂本がとは言うまい・・・、全員で勝ち取った引き分けだ♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黒い手帖」、この本は絶対読みたいぞ!:

« まぁ佐藤姓は多いからね、でもあの国なら・・・ | トップページ | 坂本がとは言うまい・・・、全員で勝ち取った引き分けだ♪ »