« こえぇよ… | トップページ | Yahoo!ミュージック、いいですぜ♪ »

2009/04/26

ドメイン詐欺と一緒だな

詐欺ってのは言いすぎかね?
中国人側、蔵元と取引 銘酒「商標1500万円」 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

中国人側、蔵元と取引 銘酒「商標1500万円」 : ニュース : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 名産品や地名などに続いて、日本酒までもが中国の「商標ビジネス」の標的となっている。

 登録済みの銘柄を1500万円で買わされたり、中国への進出計画の見直しを余儀なくされたりする被害が出ている。現地で商標申請を警戒するといって手数料を取る「監視ビジネス」さえ現れた。

 岩手県を代表する日本酒の銘柄「南部美人」は、1999年に香港への輸出が始まった。2005年からは上海の高級レストランで大吟醸や本醸造が1・8リットル当たり数万円で出されている。

 中国市場への期待が高まった昨年、福建省の個人が「南部美人」の商標登録を中国商標局に申請していることがわかった。蔵元の久慈浩介専務は「銘柄が使えなくなれば、中国の業者に納品を断られるだろう。商標申請しておけば良かった」と悔やむ。

 兵庫県・灘の「櫻正宗」は07年度中に中国への本格進出を計画していたが、商標申請が発覚し、輸出を見合わせた。商標を1500万円で買い取らされた酒造会社もある。関係者によると、審判で勝つとしても時間がかかりすぎると判断したという。

 中国では日本のブランドが登録申請されるケースは03年頃から出始めた。「九谷焼」「松阪牛」「南部鉄器」の名産品や、地名の「青森」「鹿児島」などの申請が相次いで発覚した。コメの「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」は先に登録されてしまい、中国で使えない。

 商標申請を監視するビジネスも現れた。日本酒造組合中央会(東京)は、中国の法律事務所の売り込みを受けて07年3月から監視業務を委託した。しかし、その後のやりとりはほとんどなし。中央会は「効果が見られない」とし、契約の見直しを検討している。

(2008年11月27日 読売新聞)


こんなニュースもありますねー
コシヒカリPR、漢字もローマ字もダメ…中国の商標登録で : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

日本固有のひらがなでいいんじゃないか?

もっと言うと、そんなややこしい国には輸出しないほうがいいのではないか?そうもいっていられない企業もあるんでしょうけど。

もう少しすると、食品の安全性を中国当局が確認するためという理由で、

■原料も含めた製造法
■原料の栽培法、種、苗
■研修のための職員の派遣

などを義務付けられるかもしれませんよ。

中国の法律事務所の売り込みを受けて07年3月から監視業務を委託した

アホすぎるw
中国人を舐めてないか?

自前の職員を派遣しないとね。
 


↓行かされる職員は災難だけどと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こえぇよ… | トップページ | Yahoo!ミュージック、いいですぜ♪ »

極東愚連隊」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/44800311

この記事へのトラックバック一覧です: ドメイン詐欺と一緒だな:

« こえぇよ… | トップページ | Yahoo!ミュージック、いいですぜ♪ »