« これが究極の痴話げんか、なのか? | トップページ | マンボウってどうやって食べるの? »

2009/04/18

世界的にも携帯電話市場は飽和状態

特に機能面でも飽和しているようですね。これからの新機能はたとえばネットワークの先に任せるようになるんでしょう
asahi.com(朝日新聞社):携帯不振、ソニー・エリクソン380億円赤字 1~3月期 - 携帯電話 - デジタル

asahi.com(朝日新聞社):携帯不振、ソニー・エリクソン380億円赤字 1~3月期 - 携帯電話 - デジタル

 【ロンドン=有田哲文】世界の携帯電話端末メーカーの苦境が続いている。日本とスウェーデン合弁のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは17日発表した1~3月期決算で2億9300万ユーロ(約380億円)の純損失を計上。世界で従業員2千人を削減するとした。最大手ノキア(フィンランド)も16日、同時期の純利益が前年比90%減になるとした。

 ソニー・エリクソンの売上高は前年同期比36%減。同社は今後の市場動向について「09年の世界の携帯電話市場は、08年の11億9千万台から少なくとも10%減少する」とした。ノキアも売上高が27%減となり、純利益は1億2200万ユーロ(約158億円)にとどまった。

 大和総研ヨーロッパのアナリスト、コバコシー氏は「収入減で携帯電話の買い替えが進まないことに加え、高性能化が進んで顧客が今の電話に満足している面もある」と話している。


世界も日本もまったく同じ状況ということですね。しかも、日本は例の販売奨励金がなくなってそれでなくても端末価格が高騰して、そこに不況ですからねぇ。

「2008年度 携帯電話の利用実態調査」を実施~新しい販売方法での買替え動向を把握~

これを見ても分かるとおり、気合を入れて作った機能が日の目を見ていないことが多いようですね。

情報自動配信、TV電話、プッシュツートークなど目も当てられませんね。

iPhoneが発売された当時、おサイフ携帯機能やワンセグの機能が無いから日本では売れない、なんてことがさかんに言われていましたけど、なんのなんの、それほど使われていません。まぁ、いざ!というときには欲しい機能です、先日のWBCなんか、ワンセグで観る人が多かったでしょうしね。でも、あんな例=最良のコンテンツはまずないでしょう?そんなことのために部品代やソフト開発・評価の工数をかけて、端末にデフォルトで搭載するんですかというところが今後問われるんでしょうね。

端末は基本機能のみ、オプションでいろいろ追加できるという形がよさそうに思いますが。そうすれば、オプションで利益を出すようにすればいいのですから、端末そのものの収支状況が改善できそうな気がしますが。
 


↓気がするではあかん!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これが究極の痴話げんか、なのか? | トップページ | マンボウってどうやって食べるの? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界的にも携帯電話市場は飽和状態:

« これが究極の痴話げんか、なのか? | トップページ | マンボウってどうやって食べるの? »