« 平成のリクルート事件っていう感じでしょうか? | トップページ | 中国の毒餃子は日本が作っただと? »

2009/03/07

最初からそうすればこんなに日本中から罵倒されることもなかったのにねぇ

まぁ、日本中っていうのはネットだけかもしれませんが
国外退去処分確定の比一家、長女は国内残留へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

国外退去処分確定の比一家、長女は国内残留へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 不法滞在で国外退去処分が確定した埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・アラン・クルズさん(36)一家が、法務省に在留特別許可を求めている問題で、一家は拘束を猶予される仮放免期限の9日を前に、長女ののり子さん(13)は国内に残すことを決めた。

 一家の代理人の弁護士が6日、明らかにした。一家は、のり子さんが日本語しか話せないことなどを理由に3人で残れるよう求めてきたが、受け入れられない場合は「日本で勉強を続けたい」というのり子さんの希望を優先することにしたという。一家には東京都内などに住んでいる親戚(しんせき)が3人いる。

(2009年3月7日08時08分 読売新聞)


親戚がいるのかよw
最初からそこに預かってもらうようにすれば何の問題も無いだろうに・・・。

家の事情があるから親戚に一時期預かってもらうなんてこと、こういう「国外退去処分」の家族だけのことではなく、日常茶飯事とまではいかないにしても普通にあるでしょう。

でも、本当に日本語しか話せないの?親戚っていうくらいだから、フィリピン出身の人のところに行くんでしょうけど、その家族とは会話ができるのか、少々心配ですね。
 


↓日本語は話せる、ということではないか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 平成のリクルート事件っていう感じでしょうか? | トップページ | 中国の毒餃子は日本が作っただと? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/44268637

この記事へのトラックバック一覧です: 最初からそうすればこんなに日本中から罵倒されることもなかったのにねぇ:

» 2009年3月9日 カルデロンのり子(Calderon のりこ)が最後通告の期限を迎える [人名力]
フィリピン人で埼玉県蕨市在住のカルデロン(Caldern)一家が、東京入国管理局から、最後の期限とされているのが、3月9日である。また、日本生まれの娘はカルデロンのり子という。このカルデロンという姓が気にならないだろうか。 『Dictionary of American Family Names』によると三つの起源があるという。 1. 地形にもとづく姓で、スペイン語の caldera 「盆地(basin)」、「噴火口(crater)」、「穴(hollow)」に拡大辞がついたもの ... [続きを読む]

受信: 2009/03/09 00:55

« 平成のリクルート事件っていう感じでしょうか? | トップページ | 中国の毒餃子は日本が作っただと? »