« こりゃーいいですね、韓国よりも台湾のほうが行きたいです♪ | トップページ | スイスではこういう罰金もあるそうですが »

2009/03/07

燃料の補給をどうするかが一番の問題ですねー

インド洋の補給艦じゃなくって携帯電話でも給油が必要になるんでしょうか?
携帯に便利!手のひらサイズ燃料電池、国内初の商品化 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

携帯に便利!手のひらサイズ燃料電池、国内初の商品化 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東芝は7日、外出先で携帯電話や携帯音楽プレーヤーの充電が容易にできる手のひらサイズの小型燃料電池を、国内で初めて商品化することを明らかにした。

 4月にも売り出す方針で、近く発表する。

 コンセントがない外出先で携帯電話を充電する場合、現在は乾電池式の充電器につなげるのが一般的だが、時間がかかる上、フル充電できないケースも多い。東芝の燃料電池を使った充電器であれば、家庭のコンセントにつなぐのとほぼ同じ時間で充電でき、燃料として使うメタノールが満タンであれば、4、5回のフル充電が可能だ。

 発売当初の価格は2~3万円となる見通しで、将来的には1万円以下に引き下げる方向だ。別売りのメタノールを注入すれば、繰り返し利用できる。

 東芝は2009年度中に、さらに小型化した燃料電池をノートパソコンや携帯電話に内蔵し、商品化する計画だ。

 燃料電池は、水素と空気中の酸素を化学反応させて発電する仕組み。元のエネルギーの90%以上を電気や熱として活用でき、温室効果ガスの削減効果が大きいと期待されている。

 家庭用や自動車用の大型電池はすでに商品化されており、小型電池も東芝のほか日立製作所やパナソニックなどが開発中だ。民間調査会社の富士経済は、小型燃料電池の国内市場が20年度に145億円程度に拡大すると予想している。

(2009年3月7日14時44分 読売新聞)


携帯電話の電池には私も悩まされています。野球観戦の間になくなったこともあります。満充電にして出かけたのにですよ。換えの電池を持ち歩くのも面倒くさいし、乾電池式の充電器では電池そのものをいためるという話も聞きますし・・・。

この充電器はいためないような感じですのでいいんですが、燃料がメタノールというのがどうもねぇ。簡単に入手できるようにするとは思いますけど、どうなんでしょうね?価格とか。一つ交換するのに1000円くらいかな?安全性を考えるとメタノールをそのまま売るわけにはいかないでしょうから、何か燃料パック?のような形態で植われるんでしょうねー。

ひとつ思うんですけど、バックツーザフューチャーのように生ゴミその他でとは言いませんけど、水分なら何でもいいとか、あるいは空気中の水分から発電できるというのは無理なんでしょうか?
 


↓まぁ、そのうちできるだろーと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こりゃーいいですね、韓国よりも台湾のほうが行きたいです♪ | トップページ | スイスではこういう罰金もあるそうですが »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

予備のバッテリーを持っていればいいだけのような・・・・・
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン・・・

投稿: “どん” | 2009/03/08 00:38

こんにちわ^^

>"どん"ちゃん
まぁそれが一番手軽で面倒くさくない
回答のような気がします・・・

燃料電池って、発熱はどうなんでしょう?
いろいろと気になりますね。

投稿: ピア | 2009/03/08 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料の補給をどうするかが一番の問題ですねー:

« こりゃーいいですね、韓国よりも台湾のほうが行きたいです♪ | トップページ | スイスではこういう罰金もあるそうですが »