« 街頭演説 | トップページ | 確かに何のセキュリティもしていないWLAN-APってあるんですよね »

2009/03/09

埼玉県深谷市って、いつから日本国じゃなくなったの?

どういうことが起こっているんですか?
朝鮮新報(日本語版):埼玉 深谷市が教育助成再開

朝鮮新報(日本語版):埼玉 深谷市が教育助成再開

 埼玉県深谷市議会第4回定例会(昨年11月19日)で第3回定例会から継続審議となっていた「深谷市に在住する外国人学校・民族学校の児童生徒の教育の機会を制度的に保障するための教育助成に関する請願」が採択された。

 請願は、圧倒的多数の議員が賛成票を投じたことによって採択された。

 深谷市は、市町村の合併事業における混乱と地方財政の困窮を理由に、約3年前から朝鮮学校に対する教育助成金の支出を一時中断していたが、請願の採択を機に再開されることになった。支給額は中断前の最大2倍に増額される。また、他の外国人学校にも制度は適用される。

 今回の措置は、埼玉北部地域の在日同胞たちの地道な運動の結果だ。埼玉朝鮮初中級学校の生徒たちは、コンサートなどに出演し、多彩な文化交流を通してその存在意義を示してきた。

 今回、共に尽力してきた埼玉県朝鮮人強制連行真相調査団の石田貞団長は、「在日朝鮮人たちの民族教育への熱意が市政を動かした」と振り返る。

 1月25日、総連北部支部の同胞新年会が行われ(写真)、富岡清・熊谷市長や埼玉県議、地元の市議など日本の有志が多数参加した。

 同胞たちは、朝・日友好親善の前進を確認し、「萎縮することなく胸を張って素晴らしい地域同胞社会を築いていきたい」と語っていた。(丘)

[朝鮮新報 2009.2.9]


地方財政の困窮を理由に、約3年前から朝鮮学校に対する教育助成金の支出を一時中断していた

えーっと、市町村合併の混乱はさすがになくなったと思いますけど、財政の困窮は改善されたんでしょうか?今の日本でそのような地方自治体があるのは信じられませんけど。しかも中断前の2倍で、かつ他の外国人の学校にも拡大されると・・・。他の外国人学校が存在するのかは知りませんけど、朝鮮学校への助成が2倍になるんですよねぇ、これ・・・。

Photo_7

帰ってもらったらいいんじゃないの?簡単でしょう?

埼玉北部地域の在日同胞たちの地道な運動の結果だ
埼玉県朝鮮人強制連行真相調査団

ん?ここは笑うところですか?

地道な運動じゃなくて恫喝じゃないの?知りませんけど。まだこんな(いわゆるでっち上げの)強制連行をネタに金をせびられる日本ってどうなの?

朝鮮総連などが関係する学校の民族教育など、日本にとって危険な教育であるとなぜ分からないのか?土地などを不法に占拠されている事例があることを知らないのか?そういう根を持った人たちが教育をするんですよ?

胸を張って

胸を張って生きたいのなら、まず犯罪を止めましょうね。脱税とかね。違法送金とか違法なものを販売するとか、一応合法だけどギャンブルを手がけるとか、不法入国とか、偽名とか。あ、もちろんその他の犯罪やレイプも含めて。

まずは犯罪を犯さないようにする。日本の生活入門というか、一般市民の生活はそこから始まりますw
 


↓呪縛を解くのは並大抵ではないな・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 街頭演説 | トップページ | 確かに何のセキュリティもしていないWLAN-APってあるんですよね »

ニュース」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/44284993

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県深谷市って、いつから日本国じゃなくなったの?:

« 街頭演説 | トップページ | 確かに何のセキュリティもしていないWLAN-APってあるんですよね »