« こういうカフェの需要もあるのか?世の中分からないことだらけだ・・・ | トップページ | 朝鮮人としての誇りを胸に朝鮮人として生きたい? »

2009/03/21

【言い訳シリーズ】勝負では負けたがマナーでは勝った

日本に負けた後「投手を温存したから負けた」っていう話(プゲラ)も出てきていますが、これもその流れですかねぇ・・・
【WBC】 李容圭「あれはビーンボールだった」~日本の内海投手に謝罪要求[03/20]

【WBC】 李容圭「あれはビーンボールだった」~日本の内海投手に謝罪要求[03/20]

http://imgnews.naver.com/image/096/2009/03/20/200326827.jpg

<アンカー>今日(20日)の試合で李容圭(イ・ヨンギュ)選手の頭に日本投手のボールが当たり、ひやっとする場面がありました。幸いに大きな負傷ではありませんでしたが、故意性の高い脅威球でした。イム・チャンジョン記者です。

<記者>3回の裏2番打者、李容圭が打席に入ると日本の先発、内海は初球を頭の方に投げました。時速140キロを越える剛球でした。よけられなかった李容圭はヘルメットの下部分に球が当たり、その場に倒れました。しばらく起き上がれなかった李容圭は直ちに交代し幸いに大きな負傷ではありませんでした。ヘルメットではなく頭に直接当たったら大きな事故につながる可能性もあり、ひやっとした瞬間でした。

李容圭は故意のビーンボールだった、と内海に謝罪を要求しました。投げる腕の角度が正確に頭の方を向いていたということです。ホームベースを覆うほど積極的に打撃に臨む自分を牽制しようとする意図だった、という主張です。その上に変化球でもない直球を投げてミスをしたということは納得しにくいという立場です。

[李容圭/野球国家代表:腕の角度や、そんなことを私もある程度は分かっているから、初球に当たったこともそうで、私が感じるには確かに故意性が充分にあるボールだったからそこに対しては不快に思っています。]

韓日戦ビーンボールの問題は3年前の第一回大会の時もありました。韓国の打者が3回も日本投手の脅威球に当たり、日本もペ・ヨンスが投げた球がイチローの尻に当たりました。今日の我が国の選手は日本投手の脅威球に何回も胸をなでおろしながらも正面対抗を慎んで物静かに試合を終えました。

勝負では負けましたが、マナーでは勝ったわけです。

ソース:SBSニュース(韓国語) 李容圭(イ・ヨンギュ)威嚇球当たって倒れて'ふらっ'…謝罪要求
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1000563314

関連スレ:【WBC】李容圭、内海からビーンボール性の死球受ける[03/20]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1237526877/


ホームベースを覆うほど積極的に

その場面は見てないんだけど、これじゃぁストライクの球でも当たるんじゃないの?(笑
逆に、そういう構えなら、




この球は何もしなかったら当たらなかったんじゃないの?(笑

勝負では負けましたが、マナーでは勝った

えーっと、マウンドに汚らわしいものを突き立てるヤツのどの口が言う?(笑
そもそも韓国人にマナーなんかあるの?

Photo

もう試合したくないから、ベネズエラにぼっこぼこに打たれてコールド負けして帰ってくださいな♪
 


↓と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« こういうカフェの需要もあるのか?世の中分からないことだらけだ・・・ | トップページ | 朝鮮人としての誇りを胸に朝鮮人として生きたい? »

野球」カテゴリの記事

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【言い訳シリーズ】勝負では負けたがマナーでは勝った:

« こういうカフェの需要もあるのか?世の中分からないことだらけだ・・・ | トップページ | 朝鮮人としての誇りを胸に朝鮮人として生きたい? »