« ついにマウスにもステルス機能が搭載される時代か? | トップページ | 謝罪記事って紙面に残るけど、TVは残せないよね? »

2009/03/31

ドコモの売れ筋上位4位までが「らくらくホン」とな?

ガラパゴス諸島も何かが変わってきていますかね?
NTTドコモ端末売れ筋ランキング(3月19日~3月25日)

今日、会社の朝礼でいい所感を聞きました。

日本の個人金融資産は合計で1500兆円ですが、60歳以上で6割?50歳以上だと8割もの資産を占めていると。この金額は不動産などを含みませんので、それらを含んでしまうと何と何と、9割程度を占めてしまうらしいです。

で、そういう状況であるならば、何か買い物をする層、比較的高額なものを購入する層というのも、高齢者の層が多いであろうというのは想像に難くない。

しかし、今の商品は高齢者向けとうたわれているようなものは果たしてあるのか?若者向けだけではなく、そういう層に特化した、考慮したものを開発しないといけないのではないか?と、大雑把に言うとこういうことでした。

このドコモのランキングを見てもそうですよね。売れ筋の4位までということですから他に6機種あるわけですけど、実際は上位3-4機種で売れている台数のかなりの割合を占めているんでしょうからね。

高齢者の方々はお金を貯めているばかりで使わないとはよく言われています。まぁ、日常使うものなどそろっている世帯が多いのでしょうけど、それでもなお買いたいと思われる商品が少ないということでもあるのでしょうね。そこで、既に必需品とも言える携帯電話でピンポイントに絞った機種が売れ筋というのは分かりやすい現象です。

こういう隠れた需要をどうやって気づくか。

ぼーっとしていては無理ですね。
 


↓そ、そこで記事終わるんかよwwwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ついにマウスにもステルス機能が搭載される時代か? | トップページ | 謝罪記事って紙面に残るけど、TVは残せないよね? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモの売れ筋上位4位までが「らくらくホン」とな?:

« ついにマウスにもステルス機能が搭載される時代か? | トップページ | 謝罪記事って紙面に残るけど、TVは残せないよね? »