« 犯罪を犯して解雇されても退職金? | トップページ | 掛け金払ってないのにもらえるわけがない »

2009/02/03

今年も二人でタイトルをよろしくお願いいたします

エースがいなくなりましたからね、この二人には去年以上の活躍を期待していますよ♪
柔のグライ、剛のクルーン…G外国人投手がブルペンで競演 : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

柔のグライ、剛のクルーン…G外国人投手がブルペンで競演 : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 巨人キャンプ(3日)──柔のグライシンガーと、剛のクルーン。昨季のタイトルホルダーの2人が同日、今キャンプ初めてのブルペンで対照的なパフォーマンスを演じてみせた。

 まず室内のブルペンに姿を見せたのは、2年連続最多勝のグライシンガー。120キロにも満たないであろう直球を、ベースのコーナーをかすめるように投じていく。一球一球、淡々と投げ込んでいく様は、まさに「精密機械」という言葉がしっくりくる。途中からシンカーも交えて、涼しい顔で投げ続けた。

 その横を、昨年初めて最多セーブのタイトルを獲得したクルーンが、肩をいからせながら登場。高く足を上げた大きなモーションから投げたボールは、うなりを上げながらキャッチャーミットに吸い込まれる。受けた加藤が「145キロは出てました」と驚くように、早くも剛速球を連発した。

 全く正反対の投球練習で、どちらも個性的なマウンドさばきだったが、1年前と同じだし、シーズンの投球練習とも変わらない。その、お互いの投球スタイルをキャンプ3日目に披露できることこそ、調整が順調だという証しなのだ。

 そんな2人に、共通点がある。「開幕投手? そんなことより、1年間ローテを守ることだよ」とグライシンガー。「オレの力は証明してきた。どういう展開でも、言われたところで投げるだけさ」とクルーン。ローテーションの軸と、守護神という自分に課せられた役割を、2人は十分に熟知している。(西村海)
(2009年2月3日20時58分 読売新聞)


正義の味方は交流戦のもたつきがなければもっと勝てていましたから。そこをどう改善するのか?見ものですね。

クルーンはどうでしょうねぇ。力むなというのは無理な注文なのでしょうか・・・。でもクルーンの145Km/hのストレートって簡単に打たれそうにも思えますしねぇ・・・。覚悟を決めて任すしかないっすねw
 


↓逆に打線が問題かもよ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 犯罪を犯して解雇されても退職金? | トップページ | 掛け金払ってないのにもらえるわけがない »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

色々と多国籍軍化してきましたね。育成も含めアメリカ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、オーストラリアに韓国、台湾。

巨人には100セーブトリオがいますからね。FA、交換トレード、その他と。

投稿: 巨兎アーツェット | 2009/02/03 22:44

こんばんわ^^

>巨兎アーツェットさん
多国籍軍ですね、ほんとに。
そのうち中国選手も出てくるんでしょうねぇ。

投稿: ピア | 2009/02/04 23:22

以前、練習生でいたと思います。育成選手か何かでいたはずです。

投稿: 巨兎アーツェット | 2009/02/05 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も二人でタイトルをよろしくお願いいたします:

» 先発ピッチャーとして投げるトレーニング法 [[野球]球速アップ(上げる)トレーニング方法/投手の球速の上げ方]
大阪府:宮本洋介くん(15歳)個人差(年齢、体格)はありますが、高校の段階で、135km/h〜140km/hまでの球速アップは誰にでも可能です。 今のペースよりももっと速くすることはできますが、逆にケガの原因にもなってくるので、現在のペースを乱さないほうが私はベストだと思います。 私の意見を一つ言わせてもらえば、じっくりと本腰を入れ、このトレーニングに望んで欲しい。 宮本くんのはやる気持ちもよくわかるのです... [続きを読む]

受信: 2009/02/04 22:58

« 犯罪を犯して解雇されても退職金? | トップページ | 掛け金払ってないのにもらえるわけがない »