« へー、漢字の読み間違いであれだけ叩くのに、身内の処分は停職ですか | トップページ | オケツ、今シーズンは快便なのか? »

2009/02/23

世界に送り出されましたね♪

アカデミー賞、やっぱり映画界最高の賞の一つですから、日本人としても嬉しいですよね♪
「おくりびと」が米アカデミー賞の外国語映画賞 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「おくりびと」が米アカデミー賞の外国語映画賞 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【ロサンゼルス=近藤孝】映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞の発表・授賞式が22日午後5時30分(日本時間23日午前10時30分)から、ロサンゼルス・ハリウッドのコダックシアターで始まり、外国語映画部門で滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」、短編アニメーション部門で加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」がそれぞれ受賞する快挙となった。

 日本映画が外国語映画賞を受賞したのは、特別名誉賞と呼ばれていた1955年の「宮本武蔵」(稲垣浩監督)以来54年ぶりで、独立した部門となってからは初めて。また長編アニメ部門は2003年に宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が獲得しているが、短編部門では初の栄冠に輝いた。

 「おくりびと」の授賞の舞台には、滝田監督と主演の本木雅弘さんらが登壇。滝田監督は満面の笑みを浮かべ、「私がここまでこられたのも映画のおかげです。また新たな旅立ちが始まります。再び戻ってくることを期待しています」と英語であいさつ。「つみきのいえ」の加藤監督はオスカー像を受け取ると、英語で「重いですね。サンキュー・ベリーマッチ」と喜びを語った。

 「おくりびと」は、遺体を棺に納める納棺師が、人間の生死をみつめる姿を、ユーモアをまじえて描いた作品。納棺師を演じる本木さんが10年以上前から映画化を目指していた企画で、自ら、本物の納棺師のもとで納棺の技術の指導を受け、遺体の顔をふいたり、着衣を着替えさせたりする動きを演じた。

 この作品は日本で昨年9月に公開され、報知映画賞、日本アカデミー賞など国内の映画賞を総なめにし、第32回モントリオール世界映画祭ではグランプリを受賞している。

 加藤監督は多摩美大在学中から、アニメーションの自主制作を手がけ、同大卒業後、映像制作会社「ロボット」に入社。アニメーション作家を集めた工房に所属し、2003年の「或る旅人の日記」などで、多数のアニメーション映画賞を受賞した。

 「つみきのいえ」は、海面が上昇するため、積み木のように建て増しし続ける家に住む老人が主人公の作品。12分の短編だが、手描きの繊細なタッチを生かし、制作には約7か月を費やした。

(2009年2月23日13時12分 読売新聞)


公開の前後くらいにビッグコミックスペリオールで連載されていましたね。

映画はまだ観ていないんですけど、主題と絵柄が非常にマッチしているし、もちろん内容は文句なしですから、映画を観て面白かったと感じた方は、きっとコミックも満足できると思いますよ。

納棺師という職業の名前は初めて知りましたけど、葬儀屋さんが遺体を綺麗にしてくれたのは何度か見ましたので何をするかは知っていたつもりだったんですが、つもりはつもりでしかなく、また死をあつかう場面にそうそう出くわしたことも無い身、なれば、アカデミー賞受賞の理由と説明されている

普遍的なテーマ

というのはその通りですね。

先日、いつものように(汗)お酒売り場をうろついていたら一つの焼酎が目に付き、瓶に書かれていたのが

昔武将が高僧?に死を覚悟しなくてはいけないような戦いに挑むとき、どのようにして心の平静を保てばいいのか?と聞いた際、高僧は「死にこそ生がある」ということを答えた

というようなことでした。

死を目前にしてこそ生が身近に感じられるということも含まれているんでしょうか。

日常生活で死を見ることが減ってきた今、どのように生きるのか?ということを考えるためにも死を考えるということは必要なことなんでしょうね。もしかすると、四十にして惑わずという言葉もそういう意味を含んでいるのかも知れませんね。

うーん、とりとめもなくなってきたところで、お後がよろしいようで m(_ _)m
 


↓知ったかも大概にしないとメッキがwwwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« へー、漢字の読み間違いであれだけ叩くのに、身内の処分は停職ですか | トップページ | オケツ、今シーズンは快便なのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界に送り出されましたね♪:

» 第81回アカデミー賞 [FREE TIME]
アメリカ映画界最大の祭典の第81回アカデミー賞にて、日本映画の「おくりびと」が外国語映画賞に選出。 日本映画が受賞したのは史上初の快挙です! また「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれ、日本映画がW受賞。... [続きを読む]

受信: 2009/02/23 23:17

» アカデミー賞「おくりびと」「つみきのいえ」…日本のポテンシャルを証明 [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
 経済の低迷や政治の混迷でテンションの上がらない昨今にあって、日本映画がアカデミー賞に輝いたことは我が国の持つポテンシャルが決して低くないことの証明となり嬉しい限りです。 【本木雅弘の感性】  「おくりびと」は納棺師というあまり表舞台には出てこない職業にスポットを当てた点がいいですねぇ。  世の中は、目立つ場所で働く人だけで成り立っているのではなく、陰日向関係なく色々な人が色々な役割を果たしていることを再認識することが出来ます。  「納棺師」というネタに着想を得た本木雅弘の感性・感受... [続きを読む]

受信: 2009/02/24 10:07

» つみきのいえ [?????]
世界に送り出されましたね♪ 始まり、外国語映画部門で滝田洋二郎監督(53)の「お... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 12:52

« へー、漢字の読み間違いであれだけ叩くのに、身内の処分は停職ですか | トップページ | オケツ、今シーズンは快便なのか? »