« これも「振れ」ってヤツじゃないの? | トップページ | うどんの起源は如何に? »

2009/01/25

無料でも読まない人は読みませんよね?

結局資源の無駄使い、なんてことになりはしませんか?
新成人は新聞無料、ただしフランスのお話…政府が財政支援 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

新成人は新聞無料、ただしフランスのお話…政府が財政支援 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【パリ=林路郎】フランスのサルコジ大統領は23日、広告や部数の減少に悩む日刊紙など活字メディアについて、今後3年間で総額6億ユーロ(約690億円)を投入する抜本的な救済措置を打ち出した。

 メディア業界や記者ら関係者による国民三部会(諮問委員会)が約半年の議論を経てまとめたもので、業界、政府をあげて新聞立て直しに乗り出す。

 救済策の目玉は、18歳の成人に1年間、好みの新聞1紙を無料配達する試み。各社が新聞代を、政府が配達料を負担し、活字離れが指摘される若年層を新聞へ引き寄せる狙い。宅配網拡充のため、民間配達業者への財政支援を現行の約9倍の7000万ユーロ(約80億5600万円)に引き上げ、業者の税負担を大幅に引き下げる。

 また、〈1〉活字メディアによる電子媒体の充実を政府が支援〈2〉郵便局の配達料値上げを1年先送り〈3〉新聞社が印刷会社に支払う代金の3~4割圧縮を政府が迫る〈4〉新聞の政府広告を増やす――なども含まれている。

(2009年1月25日13時47分 読売新聞)


フランスがここまでお金を使って維持したいものってなんなんでしょうね。

自然に淘汰されつつあるものを延命しようとすると無理が生じるのでは?特に宅配っていうのは時間も手間もお金もかかるから・・・。

ネット、駅売り、お店売り。このほうが効率がいいし、ある程度まとまらないと宅配なんて難しいでしょう。高くても宅配で読みたいというお客には、割り増しにするか、日本なら販促物をやめるとか。

流れは止まらないと思います。
 


↓一つのメディアってのが困るよなぁ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« これも「振れ」ってヤツじゃないの? | トップページ | うどんの起源は如何に? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/43851495

この記事へのトラックバック一覧です: 無料でも読まない人は読みませんよね?:

« これも「振れ」ってヤツじゃないの? | トップページ | うどんの起源は如何に? »